DARTS ANGEL

Darts Angel Indexへ戻る

佐川 香織、さがわかおり、Kaori Sagawa

No.61 Vol.91. 2018年5月号 ダーツ歴も長くなりました

ダーツとの出会いについて教えてください。
 今から15年前の2003年に、友人に蒲田のダーツバーに連れて行ってもらったのがダーツとの出会いでした。
 その時、すごく上手なフィリピン人のプレイヤーさんが投げてたんです。その人はフィリピンに帰国してから代表になったりしている選手だったんですが、ダーツの的を全く見ないで腕だけを見て、全部ブルに入れたんです。そのプレイに衝撃を受けて、自分もああなりたいと思ってダーツを投げ初めました。彼のダーツは本当に衝撃的でしたね。

 

PERFECT には何年前から参戦されていますか?
 はっきりと何年かは覚えていないんですが、Dクラウンからそのまま移籍した時に登録しました。でもほとんど試合には出ていなくて、ちゃんと参戦し始めたのは一昨年からです。
 それまではハードに力を入れていたので、PERFECTには年に1〜2回スポットで出るという感じでした。

 

スティールがお好きな様ですね。

 大好きです。

 

ソフトダーツとスティールダーツはどう違いますか?
 基本的には同じダーツなので変わらないと思ってるんですが、ソフトの方がシュート率が高いと思います。外さない人が多いですね。
 ハードはすごく上手い選手でもダブルをミスしてくれる時があるので、ハードの方が勝てるチャンスがあるように思います。でも本当のトップになれば変わらないと思います。

今までの結果には満足していますか?
 全然満足してないです。
 私はソフトから逃げてハードに行った部分があるんです。ソフトはみんな上手だし、ハードの方が世界に繋がるし結果を残せるかなという気持ちがありました。DOは代表権がないので日本代表にはなっていませんが、JDOで5年間廻らせてもらいました。
 5年間ハード中心で投げてみて、ソフトで逃げたままなのは悔しいと思ったんです。自分に負けたままでは嫌なので、もう一度挑戦しようと一昨年からPERFECTに参戦することにしました。
 実際参戦してみると思った通りどの選手もレベルが高くて、3位タイがやっとという成績でした。思うように勝てなくてダーツをやめようと思ったことが何回もありましたが、その度にLスタイルのジンタさんや元フィガロの社長から励まされて、「もうちょっとやってみよう」と思いながら現在に至っています。

 

日本では女子ダーツプレイヤーがフォーカスされていますが、それについてはどう思いますか?
 嬉しいです!純粋に嬉しいです。
 どんなスポーツでも女性が目立たないと盛り上がらないと思うんです。もちろん男子ですごい人はたくさんいて人気もありますが、やっぱり女子がピックアップされた方が見てくれる人が多いと思います。
 女子プレイヤーが頑張れば業界全体が盛り上がると思うので、最近のダーツ業界の傾向はすごくいいと思います。若くて可愛くてアイドル的な要素を持った選手もいて、そういう選手達が業界全体を引っ張っていってくれるのでありがたいです。

自分でどのようなタイプのプレイヤーだと思いますか?
 難しいですね(笑)。昔からのプレイヤーはやめてしまう人も多いですが、そんな中で「かおりんが投げてるからまだ頑張る!」とお礼を言われることが多いです。「若い子に負けないで頑張ってね!」とか(笑)。
 私が尊敬してるプレイヤーは浅野ゆかりさんです。5年後か10年後かわかりませんが、私もいつか若いプレイヤーから、ゆかりさんのように尊敬される様なプレイヤーになりたいです。

 

長くダーツを投げていて、一番大事にしていることは何ですか?
 ダーツを好きでいることです。試合に負けたら悔しいし、入らなかったら面白くないです。負けて悔しすぎて「もう絶対やめよう」と思ったことが何回もありますが、それでもやっぱりダーツが好きなんでやめられないんです。だからダーツを好きでいることが一番大事ですね。

 

お仕事について教えてください。
 以前の『築地フィガロ』、今は『大阪フィガロ亭築地本店』になりますが、そこで働いています。たこやきダーツバーです。


尊敬するプレイヤーは浅野ゆかりさんでしたね。
 はい、大好きです。

どんなところがそんなに好きなのでしょうか?
 カッコいいですよね。ずっと日本のダーツ界を引っ張ってくれて、すごくカッコいいです。
 初めてゆかりさんと対戦させてもらった時、ゆかりさんの後に私が投げたんですが、スローラインにオーラが残ってました。そんなプレイヤーは今まで一人もいなかったので、すごいと思いました。ゆかりさんは別格ですね。

改めてダーツの魅力は何でしょうか?
 誰でも何歳になっても始められるスポーツだというのが魅力ですね。世界を目指すというのは難しいかもしれないですが、子どもからお年寄りまで楽しめますから。
 私も60歳くらいになっても、時々試合に出て「あのおばあちゃんたまに出るけど、ちょっと上手いんだよね」と言われる様になりたいです(笑)。

 

ダーツ意外の趣味はありますか?
 地味な細かい作業をするのが好きです。このダーツケースも全部自分で作りました。

 

今回ダイナスティグループに入られましたが、それについてはいかがでしょうか?
 感謝しています。本当に感謝しかないです。
 トリプレイトには新しく谷内選手が入ってくれたりして良い選手が揃っていたのに、あまり動いてなかったのがもどかしかったんです。それが三船さんのご好意でダイナスティグループに入れていただいて、みんなが伸び伸びとプレイさせていただいてます。本当に感謝しています。


ダイナスティグループの選手の層が更に厚くなりましたね。
 そうですね。チームトリプレイトは私も含めてまだ名前が通ってない選手が多いので、ダイナスティグループの選手に迷惑がかからないように、これから頑張っていかなくてはならないと思っています。

これからの夢や目標を教えてください。
 目標は、まずPERFECTで優勝することです。そうやってソフトを何年か廻ってからまたハードも頑張って、海外の試合にも出場したいです。

 

最後に読者にメッセージをお願いします。
 今プロを目指している人や世界を目指している人は、あきらめないで頑張ってもらいたいです。
 何歳になってもあきらめずに夢を追いかけ続けてください。私もそうありたいと思っています。

ダーツのことならダーツハイブ!!

ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive MONSTER BARRELS DESIGN
▲PAGETOP