from AYANO

From AYANO Indexへ戻る
Special Photos
2012年1月よりコラムがスタートしましたが、その前に凄い写真撮影をしていました。文章も上手ですがモデルとしても堂々としていましたよ。こんなにセクシーなダーツプレイヤーはなかなかいませんね。
No.19 2015年1月 「我武者羅」
プロライセンスを取得してから2年弱、JAPANプロとしての年間ランキングは3桁台前半、全国のプロトーナメントツアーへの参戦は半数程、無論知名度等は皆無。そんな二流三流とも言えるプレイヤーに何故スポットを当てたのか…
No.18 2014年11月 つわものどもがゆめのあと…
江戸時代初期より日本には、前線で戦う者たちに「武士道」という思想が根付いてきました。正義を貫く為に大義の為に戦い抜く糧とされていました。しかし戦闘者としての生存術、家臣としての処世術など、己が信ずる道は様々であり…
No.17 2014年9月 消費者の選択
一般的に「風営法」が用いられるのは、飲食店で酒類の提供をしているお店または異性同性による接客をされるお店と思われがちですが、アルコール類を置いていなくても一切の接客が無いお店であっても、風営法に該当する飲食店は多種あります。
No.16 2014年7月 「S・N・S」
非難や攻撃的な発言を繰り返して、貴方は何を築き上げるのですか?沢山の繋がりがあった筈なのに、いつの間にか誰もが目を逸らす様になったのは、背を向けた人たちが悪いのだと本当にそう思っていますか?
No.15 2014年5月 「パンドラの箱」
ダーツという競技の中で現代の日本国内では、プロライセンス取得者が今も尚増え続け、ダーツを趣味や特技とする人口と、ビジネスや生活の一部とする人口が同等に存在するようになりました。
No.14 2014年3月 「境界線」
ルールがあり決まりごとがあるからこそ「今」が守られているという事です。 これは貴方が守るものでは無く、貴方を守るために作られてきたもの。そのルールとは、人としてのモラルがあってこそ成り立つものなのではないでしょうか…?
No.13 2014年1月 男は朝に勃ち、女は夜に濡れる
脳科学的な話ではありますが、相談事や愛の告白などは休日の朝にするべきです。平日の夜は疲労がたまりストレスも抱えたままの状態では、悲観的な考えになりがちで良い結論には達し辛くなります。
No.12 2013年11月 消えたウサギの傷跡
人々の賛美を受け頂点に立つのは男性である事が当然だったダーツの世界に、女性の契約プレイヤーたちだけで形成されたそのメーカーは、強さのみを追い求めてきた男性主流の競技を強さと美しさで覆し、ダーツ界に「華」をもたらしました。
No.11 2013年9月 豚に真珠
2008年5月、都内某所で開催されたダーツトーナメントの会場で、とある一大イベントが同時に行われました。イベントの名前は「セレクション」。このセレクションとは、ダーツバレルメーカーやダーツに関わるアパレル・アクセサリー等の企業が…
No.10 2013年7月 軌跡の先へ
現役時代、私がまだダーツの前線で戦っていた頃…そう、このコラムに目を向けてくださる今の皆様と同じく我武者羅に強さを求め続けていた時代が私にもありました。その頃の私には目標と言えるものは存在せずに…
No.9 2013年5月 恋する養殖場、街コン
近頃、巷では「街コン」という言葉をメディアでよく見聞きする様になり、20代~40代の独身者たちの間では頻繁に話題に上がり、主要都市に店舗を構えているダーツバーが会場の一つに名を連ねるようになりました。
No.8 2013年3月 危険日
NDLは今月号で10周年を迎えるそうですが、10年と言えば私がダーツに携わってきた年月と同じですね。「十年一昔」との言葉通り、10年前のダーツは現代とは全く違う「閉ざされた世界」でした。
No.7 2013年1月 十六夜
昨年の一月から連載させていただきまして早一年が経ちました。今年もひき続き、私のコラムでは『ダーツという競技に纏わる、男と女の生々しい話』を題材に書かせていただきます。数年前からよく耳にするようになった…
No.6 2012年11月 覚醒
今年の1月から、私がNDLでコラムニストとして文章を書かせていただいて、このコラムで6回目となりました。今年の最終号ですね。もちろん、来年も引き続きsexyコラムニストとして連載を続けさせていただきますので、よろしくお願いします。
No.5 2012年9月 無防備
男性と女性には同じ言葉を用いても、全く意味合いが異なってしまうものがあります。例としてあげるなら「無防備」という言語。男性に「無防備だね。」と言えば、その男性には外傷がつけられ易い、または体格が小さい…
No.4 2012年7月 異性に対して最も重要視するのは
この質問での回答は、自分自身が異性に一番アピールしたい部分であり、他人と比べることによってコンプレックスを持ちやすい部分でもあります。男性の80パーセント近くが、言葉を濁しながらも「生殖器」と答えます。
No.3 2012年5月 ダーツでモテる法則
ダーツでの目指す頂上・目標は個々で違えども、みなさんの脳裏の片隅には必ずと言って良い程、「注目されたい」「異性にモテたい」といった欲望が潜んでいる筈です。誰もが一度は考えたことがあるでしょう。
No.2 2012年3月 遊戯と前戯
ダーツには機種によって様々なゲームが搭載されていますね。パーティーゲームやアザーゲームと呼ばれる、いわゆるエンジョイダーツを盛り上げる遊びと、カウントアップやイーグルアイ、ブルズアイといった練習プログラムの…
No.1 2012年1月 衝撃的なコラム スタート
そういう目線を持って考えてみると、ダーツを愛する大人たちが足繁く通うダーツバーとは、薄暗い店内で酒を飲みながら、大人が時間と趣味を共有できる場所とも言えます。そのダーツバーでは夜な夜な、男と女が狭い空間…
ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive maeshima gsd MONSTER BARRELS DESIGN strato
▲PAGETOP