Special katayama

From katayama Indexへ戻る

katayama06

No.6 Vol.80. 2016年7月号 男女の違いからダーツの上達方法を考える

日頃からダーツを上達する方法を考えていますが、今回は現状のダーツ界における男女の違いから上達へのヒントを考えてみました。


 競技スポーツの世界では、試合の舞台が男性と女性で分けられている事が多いと思います。

 国内で人気のあるスポーツも、多くの競技に女性のカテゴリーがあります。例えば野球やサッカー、バレーボールなど。スピードやパワーを必要とする競技だと客観的に男性と女性を分けることの理解ができるのですが。

 では、ダーツはどうでしょうか。ダーツにおいて男性と女性を分ける理由があるのか。このような検証をするにふさわしい大会や舞台がないのが現状で、実際に男性と女性を分ける必要があるのかはハッキリとさせにくいと思います。

 現状は平均的に見るとやはり男性の方が女性よりダーツのレベルは上のように感じます。現実的なダーツの数字(レーティング)もトップレベルでは世界的にも、ダーツの大会記録を見ても、男性の方がレベルは高いようです。

 その要因は一体なんだろうか、僕なりに考えてみました。

 まず一つ目は、「男女別で大会が行われてしまっている」からではないかということ。

 男女別という競技人口の違う2つの大会にしてしまうため、当然トップレベルも男性と女性と別々に存在してしまいます。男性と女性で目指す理想のレベルが違って存在することが、男女のレベル差を生む要因になっているのかもしれません。

 もしダーツの競技が男女別でなければ女性選手の中に、男子選手でも勝てない怪物級の選手が出てくれるかもしれないという期待もあります。

 現に、THE WORLDのように男女別でない形式の大会もあり、2014 THE WORLD stage 3で、実際に鈴木未来選手が当時のランキング1位だったAdrian Gray選手を倒したように、男女の差を感じさせない試合が期待できる競技だと思います。

 ダーツ以外の競技で、男女が一緒になって争う競技があるのかを調べてみると、オリンピック種目にもなっている競技で唯一「馬術」という競技がありました。(これは馬も入っているので比較にならないかもしれませんが)。

 馬術にもいくつか競技が分けられているのですが、過去の大会のメダリストには女子の選手がけっこういるんですよね。
 レベルの高い環境を作ることが個々のレベルも全体のレベルも上がるスパイラルな要因になっているのかもしません。
 二つ目は、「筋力の差」にも要因があるのではないかということ。

 ダーツは20g程度のものを2・44m離れた的に向かって投げる競技で、筋力はそれほど必要ないと思われがちです。近年発売されているバレルの重量も、どちらかといえば増加の傾向にあり、数年前まではバレル単体で17g以上は重いとされていたイメージでしたが、最近はその幅も広がり22gほどの重めのダーツを使用する選手が増えてきています。その為、18g以上のバレルを使用する女子選手も今は少なくないと思われます。

 この辺りから考えると、ダーツを「投げる」ためだけの筋力は、男女の差はそれほどないといってよいかと思います。

 ただし、「投げる」という行為そのものに必要な筋力ではなく「ダーツのレベル」に本当に筋力は必要ないのでしょうか。
 根本的に女性は男性よりも筋肉量は少ないそうです。調べると女性は男性の8割程度の筋肉量だと言われているそうです。
 その筋力の差は、一発勝負の試合では表れにくい競技だと自分では思っています。
 しかし、長時間片足で身体を支え続けることや、腕を同じように振ることであったり、肩で腕を支え続けたりするためには、ダーツのレベルに応じた筋力が必要とされていて、男性と女性との全体的な筋肉の差が全体的なダーツのレベル差に関係があるのかもしれませんよね。
 ここまで考えた男性女性の違いからダーツの上達方法をさらに考えてみますが、決して「レベルの高い環境」や「筋力」がないと上達しないわけではないと言う事。

 仮に「技術」がダーツに一番大事な要因だとします。
 その技術を習得して維持していくために必要なものに「筋力」や「環境」も必要となってくると思うんです。そこにはどうしても男性女性かかわらず個人差がありますが、筋力がなくても技術やメンタルなど色々な要因でカバーできてしまうのがダーツであり、そこを突き詰めてきたトップレベルの選手たちは全ての要因を考えているからこそ上達しているのではないのでしょうか。

 上達する方法は、「筋力が必要」ではなく「筋力も必要かもしれない」という思考力と行動力。

 「いや、ダーツに筋力は必要ない」って思っている方もいるかと思います。
 結局、ダーツが上達する要因って何だろうと考える時に、「バレル」「グリップ」「技術」「体力」「メンタルスキル」「身長」「体重」などいろいろ考えつくものはあります。「お金」なんていう人もいるかもしれませんね。
 その色々な要因の中で優先順位が特定しきれないから、『「筋力」や「環境」は必要ない』と言っているだけなのかもしれません。

 ダーツはメンタルスポーツと言われているから「メンタルが一番大事」だと思ってダーツを投げなくて上達することはありませんよね。

 色々と考えて突き詰めていけば、自分が見えていないだけで、まだまだダーツを上達させる要因が存在するかもしれませんね。

DX3 よろしくお願いいたします

ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive MONSTER BARRELS DESIGN
▲PAGETOP