Special ktm

From KTM. Indexへ戻る

ktm01,darts ktm,ktm,darts ktm,ktm、かつみ、小田川 克己、バレルデザイナー、deepit、ダーツプロデューサー

No.25 2015年11月 「Deepit.Laboratory Tokyo」

 私的なお話で申し訳ありませんが、この度11月より東京都台東区蔵前にて「Deepit.Laboratory Tokyo」というレッスンスペースを開かせて頂きました!
 2011年からスタートしたDeepit.が本格的に専用スペースを設立させて頂いたということなんですが、実は昨年辺りから「やはり専用スペースが欲しいよねぇ」と話していたんですが、なかなか踏ん切りがつかずに延び延びになっていたんですね。
 Deepit.も4年目を迎えるし、そのタイミングで新しく始められたら良いなと思いたち、取りあえずは物件を探してみようと行動開始。
 僕らの場合、既にレッスンを毎週行っているので最低必要マシン台数が決まっているので、借りようとしている物件の大きさは自ずと決まってくる。そして、場所も今開催させて頂いている場所からあまり離れないほうがいいだろうという結論に達して、知り合いの不動産業者やネットでの物件検索をして候補を全部回ることにしてみました。その数は合計50件超え(笑)。
 所謂「お店」ではなく「目的店」なので、階数が上でも問題はないし、内部造作も必要がない。まぁあるとすれば、使い勝手のいいようにある程度の変更を掛けるくらいなので、「物件の場所と間取り」がメインテーマになってきます。

 お陰様で授業数もかなり多くなっているので、一度にいらっしゃる生徒さんの数はちょっとしたダーツバーよりも多い。
 あまり間取りが悪かったり、そもそもの坪数が少ないと窮屈な印象を与えてしまって申し訳ないですし、レッスン中の移動にも支障が出ることが多いですからね。必然的にマシンの台間は広めに取らないといけないのですが、これがなかなか難しい。
 都内の神保町・神田小川町・浅草橋・秋葉原付近をメインとして、まぁ探しましたし、とにかく見ないとわからないことが多いので内見を毎日の様に繰り返すことに。
 ロケーション的にはいい物件でも間取りがどうも使いにくかったり、広さはそこそこあるんだけど付帯設備が整っていなかったりとなかなか「これで決まり!」という物件が出てこないものなんですよねぇ…。
 この頃に、生徒さんに「例えばDeepit.専用のスペースってどう思う?」とそれとなく聞いていたんですけど、皆さん大賛成してくれて「これは本当に専用スペースを作る方がいいんだな」と諦めずにもう一度探してみました。とにかくネット検索でいろいろな条件で検索を掛けることにしたんですが、内見申し込みの段階で「ダーツ」となると騒がしいイメージがあるんでしょうかね、微妙な対応が返ってきたりと、こちら側の要望とは別に相手のいることですから、大家さんが承諾をしてくれないとどうしようもない。

 僕の場合、その辺りの地理を把握するためにとにかく出来る限り歩いて探していたので、歳のせいか身体の方も悲鳴を上げてくる。これは結局今でも背中の痛みが消えていないですけどね(笑)。
 半ば「今の時期は縁がないのかなぁ?」と諦めていたところに、ちょっと気になる物件が神保町にあったんですね。これも諦め半分で内見依頼を出してみると、若い不動産業者のセールスマンT君(仮名)からすぐに連絡が来て内見可能とのこと。
 この時点で「お、これは良いかもな…」と思っていたところに、T君が更に「あの宜しければ、他の物件もご提案させて頂いてよろしいでしょうか?」と嬉しい勧誘。それはそれは是非ともということでT君にお願いしたところ、これもまたその日の夕方には6件くらいの物件がメールでササっと送られてきたわけです。
 2日に分けて内見をお願いして、それこそ「これで無理だったら、すぐに移動とかは諦めよう」と。

 内見1日目。
 T君は非常に礼儀正しく、聞けば新卒で今年の4月に入社したばかりだという。然しながら慣れてしまっている不動産業者さんよりも丁寧に色々な注意事項や問題点をちゃんと伝えてくれて非常に安心なんですね。
 1日目の物件でなかなか良い物件があったのですが、これはキープということで2日目に掛けることに。今考えると、この物件で決めてしまわなかったのが大正解だったんですねぇ。もうだいぶ疲れていたこともあり、ロケーション的にも僕的には慣れ親しんだ神保町だし、まぁ古いビルということに目をつぶればここでもいいかなと。
 2日目に入り、ロケーション的にはもっと良い場所や広い場所を紹介してくれたのですが、どうも間取り的にこちらが理想としているものと違う。
 そして最後の物件に向かう途中で、場所の範囲をもうちょっと広げようかとT君と話していたんですけど、気持ち的には「でもなぁ、見つけるのは難しいかなぁ」と半分放棄状態(笑)。確かに高い物件で良いところはいくらでもあるんです。そうなると今の授業料では到底賄えないし、何よりも継続が大事ですから大風呂敷を広げている場合ではないですし。

 最後になる物件を見たときに、「あ、ここだな」とすぐに申し込みをしたい旨をT君に伝えました。
 広さもいいし家賃等も格安で、そしてなんと間取りが良い。理想的な台の置き方が出来るなと。しかしながら、来期のレッスンが開始するまでには既に3週間切っている状態。少なくとも来週には告知しないと間に合わないことが判明。そして、室内の家財道具やら備品やらも大忙しで探す必要性がある。
 これを手分けして色々と選んでいると、なかなか進まないと判断して、「とにかく家財道具やオープンまでに必要なものは俺に任せて」と全面的に任せてもらい、毎日ネットショッピングとの格闘(笑)。調べれば調べるだけ色々と出てくるものの、これといったものを見つけるのも一苦労なんですよね。いかに普段ネットショッピングが好きとは言ってもこれはさすがに疲れましたね。でも、無事に良いものをなんとか手に入れることが出来て更にはオープン日になんとか間に合う。
 しかし、当日荷物が室内に運ばれて設置されるまでは本当に胃の痛い思いでしたねぇ。すべて頭の中の憶測で商品を選んでいたので、荷物がエレベーターに入るのか、ちゃんと設置してしっかりと収まるのかと心配はつきません。
 それをカバーしてくれたのが、昔から通ってくれている生徒さんたち。本当に心より感謝です。率先して事前から動いてくれた戸塚さんや半田さんそして鐙谷さんとamiさん。台のメンテナンスを行ってくれた山下さん(しょーいち)、突然の申し出に敏速に対応してくれた芝田くんと松本さん。オープン当日に様々な器用さを発揮してくれた関本さんと手伝いに来てくれた、鳥居さん・西部さん・秋山さん・嘉村さん・戸塚さん・半田さん。そして色々と気を使って頂いた生徒の皆様に心よりお礼致します。
 まだまだこれから環境を整えないといけないのですが、とりあえずは安心してレッスンが出来るというのは格別。ある程度落ち着いたら、本格的に「これがDeepitでやりたかったこと」というのを出し惜しみなくやっていきたいと思っています!現在は会員制ですので生徒さん以外はご利用出来ませんが、Deepitにご興味のある方は火曜日~木曜日の18時30分~23時00分までの間ならばレッスンの見学可能となっておりますので、遊びに来てくださいね!やっと本当のスタートラインに立てて嬉しいですねぇ…。

DARTS MANIAX

ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive MONSTER BARRELS DESIGN
▲PAGETOP