News & Information

PDCの新しい試み… PDCが直接管理するアジアツアー発表

 今年からPDCがアジアツアーを開始すると発表した。今までワールド・チャンピオンシップに出場するには日本ではPDJで優勝することにより参加権利を得ていたのだが、それが大きく変わることになる。アジアでは過去10年でソフトダーツが大ブームとなりプロリーグなどもスタートしたが、やはりスティールダーツとなると、その成績は厳しい結果となっている。ワールド・チャンピオンシップにアジア各国代表が出場するが、どのプレイヤーも早々と姿を消していく現状だ。

 PDCはテレビ中継などで急速に国際化を進めているのだが、ついに自らアジアのマーケットに乗り出したということだ。発表された大会日程は…。

 

■ PDCアジアツアー 

ツアー(1、2) 3月10日、11日 ソウル 

ツアー(3、4) 4月28日、29日 マカオ 

ツアー(5、6) 6月23日、24日 神戸 

ツアー(7、8) 8月18日、19日 クアラルンプール 

ツアー(9、10) 9月22日、23日 台北 

ツアー(11、12) 日時、場所は未定 

 

 全12試合でポイント上位選手4名がワールド・チャンピオンシップの出場資格を得るようだ。いやぁ、それにしてもたいへんなことになった。この競争も凄まじいことになるが、選手たちは移動なども考えると普段のプロツアーもあるだけに、本当に忙しい日々となることだろう。日本からは誰がこの大会に挑戦するのだろうか?ダーツファンにとってはまた大注目の企画がスタートする。そして年末のアノ舞台にはどのプレイヤーがアジアから選出されるのだろう。

 

ダーツのことならダーツハイブ!!

ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive MONSTER BARRELS DESIGN
▲PAGETOP