Player Interview

Player Interview Indexへ戻る

scottkirchwer,スコット キルシュウァー,ダーツアメリカ,ダーツの心,ダーツの楽しさ,ダーツの奥深さ,ダーツの基本,ダーツの理論,ダーツの基礎

Vol.27. 2007年9月号 スコット カーシュナァー ダーツは自信を持つこと

ダーツはいつ始めましたか?
 僕が19歳の時、1988か89年ぐらいだったかな。父がスポーツ大好きな人だったため影響を受けていろいろなスポーツをしたけれど、ダーツもそうだったね。当時、父は凄く上手なダーツプレイヤーだったよ…当初はとてもかなわなかった。勝てるようになったのはトーナメントに出るようになって、経験を積んだずいぶん後のことだった。やがて強いプレイヤーと戦うようになって、こんなに楽しいスポーツはないな、と思うようになった。今もこのスポーツ、心から愛してるよ。
 
ダーツで一番、大事にしていることは?
 テクニックとかよりも精神的なことが大事だね。僕にとってはなんと言っても自信だ。いつも同じ気持ちを保って同じダーツを投げること、それが最大の課題だろう。試合で冷静にゲームを進めるには強靱な精神力が必要だと思っている。それはけっして簡単に身に付けられるものじゃないだけに、大変だ。ダーツというスポーツ…99%が精神力の勝負。

 

今までのダーツライフで突然ダーツに目覚めた時は?
 ちょっとずつステップアップしてきたかな。突然ダーツがうまくなったという時はなかったと思う…日々、毎日の努力だよ。あえて言えば、強いプレイヤーに勝った時かな。それによって学ぶ事は計り知れない。

練習はどうしていますか?
 毎日違うね。先週は毎日2時間ほどしたけれども、今週は忙しいのでそれほど練習できない、というように特に時間は決めていない。
 気をつけていることは良く入る時は長めに、入らないときは少しだけ、ということかな。
でも最近は多くトーナメントに出ているので、投げている時間は増えているね。

 

今回のシカゴ大会は?
 この大会はソフトダーツでは世界最高の舞台だ。どのゲームも気は抜けないほど、とにかくレベルが高いね。全米から世界からプレイヤーが集まって来るけれども、それだけ価値のある大会だということだろう。勿論、僕も毎年のこの大会をとても楽しみにしている。

これからの目標は?
 目標は達成されると次が現れるものだから、なかなか難しいね。勿論、各トーナメントで優勝すること。しかし、毎週勝てるわけじゃないから、もしかしたらベストを尽くせるプレイヤーになれることだろうか。十分に力を尽くして負けても悔いはない。

 

PDCに挑戦は?
 勿論、いつかするだろう。今は家族と離れたくないのでまだだね。年齢的に可能でまた家庭にとっても時期が来たら、挑戦するつもりだ。妻とは19年一緒にいるし、息子も娘も大きくなって来ているが、もう少し先になるだろう。今はなんと言っても良き父でいたい。

 

日本人プレイヤーに一言お願いいたします。
 この何年かシカゴで戦っているけれども、どんどん強くなってきているね。日本にも行ったのでたくさんのプレイヤーと対戦したが、その進歩はめざましいね。次回、対戦するときはお手柔らかに…。

ダーツのことならダーツハイブ!!

ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive maeshima gsd MONSTER BARRELS DESIGN strato
▲PAGETOP