Player Interview

Player Interview Indexへ戻る

chino masumi,ちの ますみ,チノ マスミ,知野 真澄,ソフトダーツ,ダーツの心,ダーツの楽しさ,ダーツの奥深さ,ダーツの基本,ダーツの理論,ダーツの基礎

Vol.28. 2007年11月号 知野 真澄 天才現る…本当に

Q 名前と年齢・出身地を教えてください。
 知野真澄(チノマスミ)といいます。年齢は20歳、東京都出身です。

Q 現在使用しているダーツを教えてください。
 DMC Sabre 18g、ステルスタイプです。

Q ダーツを始めたのは何時頃で、ダーツを始めたきっかけは…
 ダーツを始めたのは今から3年ほど前です。叔母がダーツのお店をしていて、そのディーラーさんのお店に伺った時に始めてダーツを投げました。

Q ダーツを好きになったわけは…
 ダーツを練習するようになって、01やクリケットをプレイしている内に、少しずつ「仲間内でも勝ちたい…」という思いが強くなってきて…。
 自分自身の心の中に「火」がついたのが、バーン・インヴィテンショナル ・ダブルインパクトを見たときで、「こりゃ…凄いな、ここまで上手くなれたら、絶対ダーツは楽しいだろうな」と強く思いダーツにハマリました。

 

Q 1日の練習時間は…
 ダーツを始めた頃は、1日8~10時間ほど叔母のお店で投げていましたが、今は1日3時間位です。

Q 自分が理想としているダーツスタイルは…
 どんなに緊張した場面でも、心を動揺させない…いつも「凛」としたプレイが理想です。

Q これまでにスランプはありましたか?スランプを克服した方法は?
 一時期本当にダーツを投げる時間が取れない時期があって…自分のダーツが壊れてしまったことがありました。
 実はここ2~3ヶ月前にやっと戻ってきたところなんですよ。その経験をしたことで、つくづく練習の大切さを思い知りました。

 

Q 理想のスタイルを目指す上で、克服したい課題や目標はありますか?
 実際にゲームでプレイするようになって感じたんですけど、やはりゲームでは「メンタル」面と、ゲームでの長丁場を戦い抜くための「体力」が必要だと気がつきました。

Q 今後のダーツの目標は?
 やっと20歳になって出場できるトーナメントも増えてきました。これまで大きなタイトルを取った経験がないので、まずはひとつタイトルを手に入れて、そして出来るだけ多くのタイトルを獲得したいです。

Q これまでダーツを経験してきた中で、強く印象に残っていることは?
 先日行なわれた神戸でのDMCのトーナメントで、ポール・リムと戦った時です。
 力の差というか、心の差を凄く感じました。これが本当のダーツのプロなんだなぁ…。

Q 最後に全国のダーツファンへ
 僕がダーツを始めた頃は、同年代のダーツプレイヤーが少なくて、一緒にダーツをしてくれるのは大人の方ばかりでした。
 最近やっと若手プレイヤーも増えてきたので、一緒に切磋琢磨してお互いにダーツ頑張りましょう。

こちらの記事もお読み下さい。2011年1月 Interview

ダーツのことならダーツハイブ!!

ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive maeshima gsd MONSTER BARRELS DESIGN strato
▲PAGETOP