Player Interview

Player Interview Indexへ戻る

shuntaro takamatsu,タカマツ シュンタロー,高松 俊太郎、たかまつ しゅんたろう、ダーツ プレイヤー,ダーツ トップ プレイヤー

Vol.43. 2010年5月号 高松 俊太郎 ダーツはいろいろな楽しみ方がある

ダーツを始めたきっかけは?
 幼なじみからダーツに誘われて、初めはまんが喫茶に行ったんです。その時幼なじみは既に半年くらいやってたので、もちろん全然かなわなかったですね。僕は昔から何をやってもその幼なじみに勝てなくて、それが悔しくてそれから一生懸命練習しだしました。それが6年くらい前です。

 

真剣に投げ始めたのはいつ頃からですか?
 とにかく負けたくないというのがあったので、初めから真剣に投げてたと思います。毎日4時間くらいは練習してました。その後1年くらいしてようやくダーツバーという所に行きだしたんですが、そこでトーナメントというものがあるのを知って、初めてDJO名古屋に出場しました。その時ダブルスで準優勝したんですが「大会って楽しいな」と、すっかりハマりましたね。そこからまたさらにやる気になったんです。

 

カウントアップの最高得点は?
 1230点です。この数字はつい先日出しました。

 

どんな感じでしたか?
 もうプルプルですよね。1200点は何回か出してるんですけど、何回やっても緊張しちゃいます。この時は決め打ちみたいなのをしてて途中で180を混ぜたんですけど、それが上手くいって、6ラウンドまでは楽に来ていたんです。でも7ラウンド目からはもう震えちゃって最後の一投とかは思いっきり抜けて「あ~これはもうだめだ」と思ったらそれがスコンと入っちゃったんですよ。そこで落ち着いて8ラウンド目を投げられて、最終的にこの数字が出たんです。

 

練習時間や方法は?
 練習時間というのは特に決めてないんです。今お店で働いてるんですが、店に来たらまずフォームをチェックしながら流して投げて、そこからカウントアップをとりあえず1200点を目指しながら投げます。でも1200点はそうそう出ないので、とりあえず1100点が最低3回は出るように投げてます。
 僕は練習方法というのが自分でよくわからなくて、カウントアップをやれば上手くなるのか、ブルを狙えば上手くなるのか……、一体どう投げれば上手くなるのかがよくわからないんです。この前は20トリプルを狙えば上手くなるかと思って、20トリプルばかり必死に練習したんです。それで4時間くらいでトンパチ100回出してみたんですけど、それで何があったわけでもなく、本当にどう練習したらいいのか誰かに教えてほしいです。

 

ダーツで一番大事にしているポイントは何ですか?
 グリップですね。ここ一年くらいスランプ気味なんでグリップがしっくりこないんです。自分の中では、グリップがしっくりくれば入るという自信があるんですが、それがなかなかできないんです。

 

今がスランプなのですか?
 はい、なかなか抜け出せなくて迷ってるところです。理由のひとつはたぶんいろいろなことを考えすぎてるからだと思うんです。昔は何も考えずに楽に気持ちよく投げてたんですが、ここ一年くらいは「グリップをこうした方がいいんじゃないか、飛びがこうなってた方がいいんじゃないか」とか、どうも考えすぎてしまってるんです。でもいろいろ考えてもダメなので、今はとりあえずグリップだけを意識するようにしています。

 

今までに何か他のスポーツはやっていましたか?
 全然やってないですね。小学校の時にサッカーをちょっとやったくらいで、それから何もやってないです。本当にインドア派でしたね。

 

最近思い出に残った試合はありますか?
 今年のDクラウンの初戦の岐阜大会ですね。この大会は自分的には感じが良くて、ロビンも全勝で抜けたんです。そして決勝トーナメントの2回戦でアニーさんに当たったんですが、この時は普通に投げれば勝てるんじゃないかという意識で挑んだんです。前にもアニーさんと当たったことはあったんですけど、まだ勝ったことがなくて、でも今までで一番調子が良かったので勝てるような気がしてたんでしょうね。結果は3レッグ取られてストレート負けでした。自分は気持ちよく投げられていたのに負けてしまったという、すごい力の差を感じた試合でしたね。


ダブルスとシングルスではどちらが好きですか?
 どちらも好きですね。シングルスだとミスしても次は自分でカバーすればいいわけで、自分の好きな打ち方して全然いいわけじゃないですか。そんなふうに楽に投げられるのは気持ちいいです。
 ダブルスはやっぱりペアの打ち方も違うし、ペアの調子や、どれだけいれてくるのか、わからないのでそこが難しいです。でも勝った時に二人で一緒に喜べるのはいいですよね。

 

トーナメントはDクラウン中心ですね。
 そうですね。今年からプロ化になったんでDクラウン中心で回ってますが、出られる試合はDJOも出場してます。

 

トーナメントでは何か集中する方法などありますか?
 僕はすごい緊張するタイプで、普通に投げると緊張のあまり手が震えちゃたりするので、とりあえずお酒を飲んでリラックスするようにしています。あとはいつも投げてるのとは違う会場の雰囲気をなるべく感じないように、初めは入らなくてもとにかく楽に自然に投げるようにします。それである程度慣れてきたら、そこからはいつも通り狙いにいきますね。

 

以前会場でかなり飲んでるのをお見かけしましたが、お酒は相当飲む方ですか?
 普段はそんなに飲む方ではないのですが、大会で緊張してるとお酒がどんどん入っちゃうんです。緊張するとなぜかそんなに酔わなくなるので、大会だとすごい飲んじゃいますね。

 

ダーツの魅力は何ですか?
 いろんな人と出会えることじゃないでしょうか。今は日本各地にダーツバーというものがあるし、ダーツさえ持ってればいろいろな職業の人とも仲良くなれるのは魅力ですね。どんどん知り合いが増えるのは楽しいです。

 

今後の目標は?
 とりあえず今年はDクラウンで優勝したいです。

 

現在はダーツバーのスタッフとして働いていらっしゃいますが、仕事はどうですか?
 お客さんと投げてお酒を作って、みんなでわいわい、楽しいです。

 

全国のダーツファンにひとことお願いします。
 ダーツはみんなと楽しみながらやるのも楽しいですし、真剣に練習して強いプレイヤーを倒していく楽しみもあります。もっと練習して上手くなって、そういう楽しみを見つけるのもいいと思います。みんなで頑張りましょう。

ダーツのことならダーツハイブ!!

ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive MONSTER BARRELS DESIGN
▲PAGETOP