Player Interview

Player Interview Indexへ戻る

darinyoung、Stephen Bunting,2015 PDC JAPAN MASTERS

Vol.74. 2015年7月号 Stephen Bunting

今日の大会はいかがでしたか?
 雰囲気が本当に素晴らしくて、ファンの声援も凄かったですね。日本人プレイヤーもとても印象的で良いゲームだったと思います。

 

日本人プレイヤーについての印象は?
 僕は実際彼等の内何人かとは、これまでにも対戦したことがあるんです。だから、彼等が手強いプレイヤーだということは分かっていました。やっぱり日本人プレイヤーにとって、ハードでプレイするのはいつもとはちょっと違う感覚だと思うんですが、皆自分の仕事をきっちりやっているなという印象を受けました。

 

今日の試合では井上選手を倒したわけですが、彼に何かアドバイスはありますか?
 6-1という結果を見ただけでは、試合の内容は分からないものです。途中彼に押されて僕がダブルをミスするような場面もありましたし、ちょっと流れが変われば、全然違うゲームになっていた可能性もあります。僕だってソフトを投げる時は、いつものハードとは違うボードに慣れるのに時間がかかるんです。ボードの違いはとても大きいですよ。僕が普段ソフトを投げているプレイヤーにアドバイスするとしたら、2週間前くらい前からハードに専念して練習するということですね。

 

最近ではQスクールに挑戦したり、PDCでプレイしたいと考える日本人プレイヤーが多くなってきましたが、彼等にもチャンスはあると思いますか?
 チャンスは十分にあると思います。ソフトの上手い選手は当然ハードもプレイできるようになります。削りや飛びはソフトもハードも似たようなものですからね。ソフトもハードもどちらも上手くやっている選手の良い例が、村松選手や橋本選手です。彼等はPDCの一番大きなイベントに参戦して、良いダーツを見せてくれています。確かにさっきも言ったようにソフトとハードのボードの差というのは大きなものがあります。でも努力すれば、日本人プレイヤー達もQスクールで資格を得ることは出来ると思いますよ。

 

昨年あなたはBDOからPDCに移籍なさいましたね。
 そうですね、去年移りました。僕にとっては大きな決断でしたね。丁度レイクサイドで優勝した後でした。これからは、「ビッグプレイヤー」であるテイラーやヴァン・ガーウィン達と戦ってみたいと思うようになったんです。今はその夢が叶いました。

 

実際にPDCでプレイしてみていかがですか?
 PDCの試合は世界中にテレビ中継されています。そして自分の試合を何百万もの観客がそれを通して見ているのです。おかげで、最近では何処に行っても皆が僕に気付くようになりました。何だか、人生がすっかり変わったような気分です。勿論良いほうにですよ。

 

体調などの管理は大変ですか?
 確かにPDCでプレイするというのは大変です。試合が四六時中あって時間が取れないので、最近では以前より練習量も減りました。
 トーナメントもいろんな種類があって、テレビ中継されるものもあれば、されないものもある。大きな大会もあれば小さなものもあります。それにエキシビションでもプレイしますからね。つまり、毎日がダーツで大忙しなんです。でもこれが自分の選んだ仕事だし、良いプレイができれば僕はそれで満足です。

 

昨年の本誌インタビューで、1週間に1~2時間しか練習しないとおっしゃっていましたが、本当ですか?
 本当に1週間にそれくらいです(笑)。しかもそれは以前の話で、最近ではその時間もとれないくらいです。僕は家のガレージに練習できる場所を持っているんですが、今年のワールドチャンピオンシップが終わって以来、そこには2回くらいしか入っていません。しかも入ったと言っても芝刈り機を取りに行ったくらいで、本当に練習らしい練習はしていないんですよ(笑)。

あなたにとってダーツとは?
 人生そのものです。僕は小さな子供の頃からダーツをプレイしてきました。父の影響です。
 家の階段のところにかけてあったダーツボードでプレイすることから始めて、年々僕が大きくなっていくにつれて、父がボードをどんどん上に上げてくれました。僕の父も熱心なプレイヤーなんです。よく父がパブでプレイするのを僕も見ていました。
 僕は一生懸命練習して、家では父がその対戦相手をつとめてくれました。そして僕が父に勝つようになってきたのですが、父はそれが気に食わなかったようです(笑)。
 それから僕はユースでプレイするようになって、その後更に段階を上げて、今は世界的なレベルでプレイ出来るようになりました。この歴史のおかげで今の僕がいると思います。世界最高峰のトーナメントでダーツが出来るようになった。これが僕の人生です。

 

今回の来日のご感想は?
 日本は本当にファンタスティックですね!PDCに最初参加した頃には、自分がこんな世界的なイベントに出るようになるとは思ってもいませんでした。今回のツアーは日本を始めシドニーやオークランドなども回って、色々な国でプレイできて楽しいです。日本では、観客の皆さんの素晴らしさに驚きましたね。それから、会場や練習所、バックステージや進行まで、僕達が必要とするものは全て完璧に準備されていました。日本でハードがもっと人気が出ることが僕達の願いですが、今回の来日がその一助になれば嬉しいです。

 

日本のファンに一言お願いします。
 いつも僕を支えてくれてありがとう!今僕は絶好調というわけではありませんが、応援よろしくお願いします!

 

来年もジャパンマスターズに参戦してくれますか?
 勿論です!今年これからやらなければならないことも山積みですし、たくさんのトーナメントで結果を出さなければなりませんが、来年も是非また参加したいですね。

ダーツのことならダーツハイブ!!

ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive MONSTER BARRELS DESIGN
▲PAGETOP