Player Interview

Player Interview Indexへ戻る

Phil Taylor,2015 PDC JAPAN MASTERS

Vol.74. 2015年7月号 Phil Taylor

今日の試合はいかがでしたか?
 良い試合でした。何と言っても観客が暖かくて良かったですね。欲しいところで応援をくれたり、集中したいところでは静かにしてくれたりして、皆さんつぼを心得ているなという感じがしました。プレイヤーを本当の意味で応援してくれているのが伝わってきました。それに、皆さん自身がとても試合をエンジョイしてくれているようで嬉しかったですね。

 

あなたは何度も来日していますし、日本での知名度もダントツですが、今回の日本はいかがですか?
 横浜は海があって、港には船が浮かんでいて素敵な街ですね。今回の大会で日本に来られて嬉しいです。ギャラも良いですしね。日本は本当に良い人ばかりですね。

 

今回の大会はPDCの本大会なわけですが、いかがですか?
 PDCは素晴らしい進化を遂げています。今回の試みもその進化の1つです。そしてダーツは常に変化しているんです。試合もそうですし、道具もです。僕はいつもターゲットのゲリーに、「こういうのを作ってくれ」とか、「ここを改良して欲しい」と、色々な注文を出します。彼にとっては大変でしょうが、いつでも応えてくれるんです。でも刻々と変化するダーツシーンの中では、それも必要なことなんです。プレイヤー達もどんどん進化していますからね。

 

今回の対戦相手は知野選手でしたね。
 彼は良いプレイヤーですね。オーストラリアで対戦したのを憶えていますよ。彼はソフトのプレイヤーでしょうから、ハードは大変な部分もあるでしょう。でもイギリスでプレイしたとしても、彼なら地域リーグで上位に食い込むことが出来るでしょうね。実力がある選手だと思いますよ。これからも更に躍進してくれると信じています。それにとても「ナイスガイ」ですね。人柄も重要です。

 

知野選手に何かアドバイスはありますか?
 僕が言えることはただ1つ、「練習あるのみ」ですね。何よりも練習が大切です。それから、全てをダーツに捧げることです。彼にはハードで世界のトップ10プレイヤーになる素質があると思います。ハードに全力投球すれば、きっと良いプレイヤーになれますよ。

 

日本でも最近ではハードが人気になって来て、PDCに挑戦したいというプレイヤーも増えて来ました。この傾向をどう思いますか?
 日本人は気質的に、物事に打ち込むタイプの国民性を持っていると思います。それは、他のアジア地域の人達にも共通していますね。頑張って何かを達成しようとする気持ちがあれば、必ずやり遂げられるはずです。日本人プレイヤー達が本気でハードをプレイして、PDCに挑戦してくるようになったら、僕達既存のプレイヤーにとっては脅威となる存在になるでしょう。10年~15年後の未来には、チャンピオンや活躍するプレイヤーがアジア地域から必ず現れるはずです。今にわかりますよ(笑)。

 

12年前取材でイギリスを訪れたとき、あなたの家に招待していただいたことを今でも憶えていますが、あの頃からあなたは世界最強のプレイヤーでした。今でもトッププレイヤーです。どんな風にマネージメントをしているのですか?
 僕は会社を作っています。僕の稼ぎはその会社に入って、僕はそこから給料を貰っているんです。会社には社員もいますから、その人たちにもそこから給料が支払われます。ダーツが僕の仕事ですから、引退するまでこの生活を続けるでしょうね。日々努力して、ダーツを投げる。それが僕の仕事です。

その仕事は大変ではないですか?
 いいえ、全然。僕はまだ後5年は続けられると思います。健康で今の体力を維持できる限り、続けていけますよ。僕はダーツプレイヤーとしての自分の人生の1分1秒を愛しています。

 

日本ではダーツをプロでやっていきたいというプレイヤーが増えていますが、どう思いますか?
 当然の流れでしょうね。お金は大切です。誰でも大きく稼ぎたいという気持ちを持つのは自然です。だから男子も女子も、自分に才能があると信じるプレイヤーはプロになりたいと思いますよ。プロで成功すれば生活も安定しますからね。
 僕達PDCプレイヤーもステージで人に技を見せるのが仕事です。人より優れていれば、より多くの収入が約束されます。

 

PDCは本当に大きく成長しましたね。
 まさに巨大です。おかげで多くの若いプレイヤーがPDCを目指してきます。良い選手がどんどん増えて、試合の状況はどんどんタフになっています。僕にとっても彼等は大きな脅威ですよ。でもこれは歓迎すべきことなんです。以前僕は、大抵の大会で比較的簡単に優勝していました。ところが今はどんな大会も優勝するのは至難の業です。だから今では、僕が朝起きてまずすることは、練習ですよ(笑)。

 

本当ですか?
 本当です。だって、他に選択の余地は無いですからね。僕が練習しなくても、相手は練習しているんです。練習しなければ、負けは目に見えています。それくらいシンプルな話なんです。

 

練習について教えてください。
 僕は大体一日2時間くらい練習します。練習方法は色々なことをちょっとずつやるとしか言えません。企業秘密なので、ここで漏らしたらあなたの口を封じなければなりません(笑)。

 

あなたにとってダーツとは?
 僕の人生です。ダーツは僕の人生なんです。ダーツで稼いで、子供や孫を養っているんです。この30年間ずっと、ダーツが僕の人生そのものです。

 

これまでにも引退の噂はありましたが?
 ありえません。引退については全く考えていません。まだまだやめませんよ。絶対!

 

ダーツの何処にそれほどの魅力を感じるのでしょうか?
 僕は人と競り合うのが好きです。ダーツの技を磨くのも好きです。自分の実力を試されるのも好きです。挑戦も大好きです。僕は今世界2位ですが、更に挑戦を続けたいと思っています。「もっと、もっと上へ」と、常に考えています。トヨタや日産で新車を出すでしょう?でも次のシーズンにはまた更に進化した車が出てきますよね。あれと同じです。僕も努力して、一歩先、そしてまたその先へと、どんどん進んで行きたいんです。究極のゴールは、全ての試合で9ダーツを出すということですね。

 

忙しいスケジュールでどうやってモチベーションを上げていますか?
 本当にPDCプレイヤーは忙しいです。毎日疲れますね。そんな中で僕のモチベーションをあげてくれるものは、「お金」ですね(笑)。よく陶器やおもちゃなんかを集めている人がいますが、僕が集めているのはお金です(大爆笑)。

 

最後に日本のプレイヤーにメッセージをお願いします。
 ダーツプレイヤーにとって一番大切なのは、人生の目標を定めることです。それが定まったら、次は良いダーツを買ってください。ボードもターゲット純正のものが良いでしょうね。そして、それを使ってとにかく練習してください。プレイヤーにとって道具は何より大事なものです。自分に合った、きちんとしたものを揃えてくださいね。もしこれから買おうと思っているなら、最高級で最新モデルのダーツを買ったほうがいいです。だって、もしあなたがレーサーなら、最高で最新のマシンが必要でしょう?それと同じことです。だから僕はターゲットのものを使っています。あれ、僕ターゲットってちゃんと言ったかな(笑)。ターゲットですよ、皆さん。

ダーツのことならダーツハイブ!!

ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive MONSTER BARRELS DESIGN
▲PAGETOP