Player Interview

Player Interview Indexへ戻る

Yuki Yamada、やまだ ゆうき、山田 勇樹、PDC JAPAN MASTERS 2015

Vol.74. 2015年7月号 Yuki Yamada

ステージの印象はいかがでしたか?
 すごく良かったですね。投げやすいし盛り上がってるし、想像以上でしたね。

 

本場のPDCのような雰囲気が出てましたね。
 本場を知らないからなんとも言えませんが、下から見るよりも実際は投げやすい環境でした。すごく緊張したりもしなかったし、照明が熱いとか気になったりするのかなと思っていましたがそんなこともなく、すごく集中できるように工夫された舞台作りでした。

 

対戦相手は今年絶好調のゲリー・アンダーソンでしたが、戦った印象はいかがでしたか?
 強かったです。トリプルもダブルもすごく上手かったです。

 

6-2という結果についてはいかがでしょうか?
 まだやれたんじゃないかなと思ってます。ダブルが2回しか回ってこなかったんですけど2回とも上がったんです。それ以外はもっと実力をつけないと勝てない状況ばかりでしたね。

 

PDC選手のスピードやリズムはいかがでしたか?
 早くもなく遅くもなくトラブルもなく、すごくやりやすかったですね。自分のタイミングが崩れることなく投げさせてくれました。

 

PDC選手は何が違うと思いますか?
 みんな自分で自分のことを分かってるんだと思いましたね。自分の実力が出せる状況をすごくよく理解してるということを感じました。

ふだんはソフトが多いと思いますが、スティールダーツ熱にも火が付きましたか?
 いやぁもう付きましたね。もっと練習して本場にチャレンジしたいですね。自分の性格上チャレンジするんだということをしっかり決めないと練習もしないので、まずはそこからだと思っています。

 

来年のQスクールに挑戦されますか?
 行きたいですね。まずは11月のPDJ本戦で頑張って、その勢いで来年1月のQスクールに行く、というのがハードの予定なんです。

 

今回の舞台で8人の日本代表の一人として投げられたことについてはどう思われますか?
 本当に良い経験をさせてもらったと思います。自分ではまずイギリスに行って、段階を踏んでから本戦に出られるものだと思っていたので、今回は日本開催で選ばれて本当にラッキーでした。
 これは「チャレンジしろ」という流れになっているような気がするので、早く向こうに行きたいですね。

 

今年のPDJファイナルで勝てばイギリスに行けますね。
 勝ちたいですね。チャンスですよね。あの試合もほとんど本戦に近いような状況なので頑張りたいですね。

 

ソフトの練習もあると思いますがそれにハードの練習もプラスしていくということですか。
 今年はソフトでランキング1位を狙ってるので、そこはおろそかにできないと思ってます。性格的に上手く両立できるタイプではないので、もし本気でハードを狙うとなったらソフトはできなくなるでしょうね。今年来年あたりでどういう感じになるかだと思います。

 

実績が出るようなら本場行きを考えたいということですね。
 そうですね。ぜひチャレンジしたいと思ってます。頑張ります!

ダーツのことならダーツハイブ!!

ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive MONSTER BARRELS DESIGN
▲PAGETOP