Player Interview

Player Interview Indexへ戻る

Chikara Fujimori、ふじもり ちから、藤森 主税、PDC JAPAN MASTERS 2015

Vol.74. 2015年7月号 Chikara Fujimori

ステージの印象はいかがでしたか?
 日本の会場とはスケールが違って、すごい!の一言ですね。

 

すごく盛り上がってましたね。
 今までは静かな所で投げてきたので、ああいう盛り上がった場所は新鮮でしたね。すごくいいなと思いました。

 

対戦相手が現在ランキング1位のヴァン・ガーウィンでしたが、戦った印象はいかがでしたか?
 どの選手も格上なので誰と当たってもやりがいがあると思っていましたが、やはり緊張して自分を見失う一瞬がありました。

 

スピードやリズムはどう感じられましたか?
 ヴァン・ガーウィンは非常に投げるのが早い選手ですが、僕も早い方なのでテンポとしては好きですね。

 

6-0という結果についてはいかがですか?
 非常に残念です。できることならもう一回やりたいところです。最初から「勝てるわけがない」と若干思ってたりもしたので、それもダメだった理由の一つですね。

 

PDCのトップ8の選手は何が違うと感じましたか?
 グルーピング力ですね。テンポや投げ方はそれぞれなのでそんなに気にはなりませんでしたが、グルーピング力には圧倒的な差があると感じました。これは練習量の差ではないでしょうか。

 

グルーピング力が違うのでバレルが当たる音もすごいですよね。

 そうなんです。常に2本目から当たったような音ばかりなんで、それは本当にすごいと思いましたね。

普段はソフトだと思いますが、スティールダーツ熱にも火が付きましたか?
 ソフトにうつつを抜かしている場合ではないと思いました。日本ではどうしてもソフトは必要ですが、本気であの舞台に立ちたいと思ったら、もっとハードに力を入れるべきだと痛感しました。

 

今年は第一回目のPDCの大会が開催されたわけですが、日本代表の8人として同じ舞台に立ったことについてはいかがでしょうか?
 8人に入れてあの舞台で試合が出来たことは、とても貴重な経験で光栄なことだと思っています。ただ実際に対戦してみるとあまりにも力の差がありすぎて、「チャレンジャー」ともいえない状況なのが現実だと思いました。

 

今年のPDJファイナルに対する意気込みはいかがでしょうか?
 残念ながら今年は出場できないので、来年まで温めようかなと思っているところなんです。どうしても断れないイベントが入ってるんです。

 

それは残念ですね。では来年のジャパンマスターズに期待したいところですね。
 はい。来年の西日本に照準を合わせて調整していきたいと思っています。

ダーツのことならダーツハイブ!!

ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive MONSTER BARRELS DESIGN
▲PAGETOP