Player Interview

Player Interview Indexへ戻る

Haruki Muramatsu、むらまつ はるき、村松 治樹、PDC JAPAN MASTERS 2015

Vol.74. 2015年7月号 Haruki Muramatsu

舞台の印象はいかがでしたか?
 すごく良かったですね。最初は日本人に本場の盛り上がりを期待するのは、正直厳しいんじゃないかと思ってたんですけど、予想に反してすごく盛り上がってくれて驚きました。日本人も捨てたもんじゃないなと思いましたね。

 

対戦相手はピーター・ライトでしたが、いかがでしたか?
 強いのは分かってましたけど、自分の力不足を改めて感じてしまいました。

 

スピードやリズムはどうでしたか?
 特に速くもなく遅くもなくやりずらいようなテンポではないし、投げ方も日本人に近いものがありましたね。

 

6-1という結果については?
 もう一回投げたいと思っても、そのもう一回が回ってこないような状況でしたね。
 レッグは獲れたらいいなと思っていましたが、獲ったレッグは先攻12本だったんで、それをもっといっぱいやらないと2レッグ3レッグと獲れるような相手ではないんだと思いました。

 

今年はQスクールに通られてUKオープンとワールドカップに出場されましたが、この後の予定はいかがですか?
 今のところまだ未定なんです。

 

PDCの大会が日本で開催されたことについてはどのように思われますか?
 日本のダーツというのがPDCにも伝わって、少しは認められてるのかなと思いました。


今年のPDJの意気込みは?
 ぜひ勝って行きたいです。PDCのプレイヤーやスタッフと絡む機会が多くなればなってくるほど、行きたい気持ちは大きくなってきますね。

 

PDCのスタッフもみんな村松選手のことを知っていますね。
 たぶんいろいろ出て顔を覚えてもらってるだけだと思うので、これからは良いプレイをして「あいつはなかなかすごいやつだ」という覚えられ方をしていきたいですね。

今回はトップ8が来日するという形だったので勝つのは難しいと思いますが、現地に行けば32位以内に入ればいいわけです。近い将来日本人にその可能性があると思いますか?
 そうですね。僕が入るのが一番理想ですし、そうしたいと思っています。
 今回こういう舞台で日本人がトップ8と戦えたということは、いろんな意味ですごくプラスになったと思うので、目標を持つプレイヤーがこれからもっと出てくるのではないでしょうか。

 

村松選手はハードでもソフトでも活躍されていますが、両立するのは大変でしょうか?
 実際スケジュールの管理などはいろいろ難しくなってきてますね。本当はイギリスに住んでPDCの試合を周るというのが理想だと思ってるんです。
 日本にいるとやはりソフトを投げる機会が多くなってしまい、大きい的を狙ってると、どうしても緩んでくる部分があるように感じています。なので、どこかでハード漬けの毎日を作らなければと思っているところです。


機会があればしばらく英国に行こうという気持ちがあるということですか?
 はい、そうです。

 

それは現実的にはいつごろだと思っていますか?
 来年あたりに行ければ一番いいと思っています。

 

最後に読者にメッセージをお願いします。
 ジャパンマスターズは舞台に上がって投げるのはもちろん、観客として応援するのもとても楽しかったです。来年も同じように開催されることがあったら、みなさん我先にVIP席を取って、ぜひ観戦してもらいたいと思います。

ダーツのことならダーツハイブ!!

ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive MONSTER BARRELS DESIGN
▲PAGETOP