Player Interview

Player Interview Indexへ戻る

Peter Wright,2015 PDC JAPAN MASTERS

Vol.74. 2015年7月号 Peter Wright

今日のステージの印象は?
 ホット(笑)!いや、本当に暑かったですね。日本人の観客の皆さんは素晴らしかったです。皆さん応援を本当に有り難う。歌も聞こえてきましたし、大きな歓声もありました。残念なシーンでは「ウーン、アー!」という声もあって楽しかったです。

 

同じ髪型のファンもいましたね。
 こんなに遠く離れた日本までやって来て、自分のサポーターに会えるなんて本当に嬉しいですよ。あのヘアースタイルも、僕を応援してくれていることを全身で訴えるためにしてくれたことですよね。良く出来てました。明日もあの髪型のファンを見たいですね(笑)。

 

対戦相手はハルキ選手でしたが、いかがでしたか?
 最初練習エリアで彼が投げているところを見ていたのですが、180とか140とかを何本も入れていて、「こりゃまずい」と思いましたよ。ステージではそこまでいかなかったので、僕としてはラッキーでした。もしカメラが練習のときの彼のプレイを映していたら、凄かったですよ。110とかのアベレージが出ていたんじゃないかな。

 

日本ではソフトが主流ですが、ソフトについてはどう思いますか?
 僕がソフトをやれと言われたら、全くどうしていいか分からないでしょうね。もし今日の相手と僕がソフトで対戦したら負けますよ。ソフトとハードはそれくらい違うんです。僕はソフトをプレイしたことが無いので、プレイしてみたいとは思いますね。

 

忙しい試合の中でどのようにモチベーションを上げていますか?
 僕はまだ世界1位ではないんです。これが僕のモチベーションになっていますね。1度でも1位になれれば満足しますが、まだ達成していません。だから日々努力して、自分を鼓舞するんです。

 

練習はどれくらいしますか?
 家にいる時は凄く練習しますね。10時間くらいです。勿論日にもよりますが、12時間練習したこともありますよ。次にどんなトーナメントに出るかによって、練習時間は変わりますけどね。日本から帰ったら、デュッセルドルフの大会があって、その後ワールドマッチプレイがあるので、出来るだけ多くの時間を費やすつもりです。やっぱりワールドマッチプレイは物凄く大きなメジャーイベントですからね。これまでもこの大会のために一生懸命練習して来ました。ジャパンマスターズも楽しみにして来ましたが、同様にワールドマッチプレイも凄く楽しみです。勝てば僕の経歴が見栄え良くなるでしょ(笑)。

 

今回初来日だそうですが、日本の印象は?
 寝てばかりです。昨日は8時に寝て、今日起きたのが昼の12時ですよ(笑)。

 

スコットランドのダーツシーンについて教えてください。
 今はどんどん成長していますね。PDCでの大きな大会も開催されていますし、良いプレイヤーもたくさんいますよ。ロバート・ソーントンやジョン・ヘンダーソンなども活躍しています。僕達スコットランド人選手は、スコットランドのダーツシーンを盛り上げて、スコットランド人プレイヤーへの良い刺激になれるよう頑張っています。「あいつに出来て俺に出来ないはずがない」と思って欲しいですね。実際僕もテレビに登場するプレイヤーを見て、そうやって育ってきました。勿論、練習が一番大切ですけどね。

 

PDCのトップ選手としてプレッシャーを感じますか?
 勿論です。追随してくる若手選手は怖いもの知らずですからね(笑)。だからこそ練習あるのみなんです。さもなければ、後から来た選手にどんどん追い抜かれていきます。弱みを見せたら、すぐ潰されますよ。だから、最高レベルの試合をしなくてはならないんです。でも、僕はPDCのそういう部分が好きですね。どんどん淘汰されて新しいものや強いものが前へ進んでいくから、未来があるんです。素晴らしいでしょ?

 

PDCでは何年くらいプレイしてますか?
 8年です。僕はこれまでの人生ずっとダーツをプレイして来ましたが、プロになったのはまだ8年前のことなんです。早く頭角を現して、すぐピークを過ぎてしまうプレイヤーもいますが、僕はゆっくり着実に階段をのぼって力を蓄えてここまで来たのです。

最近活躍していますね?
 僕は、自分にピッタリのバレルやフライトなどといった道具を見つけるのに時間がかかったんです。それに、これだという投げ方も探し続けていました。今はとうとうそれを見つけたんです。だから僕は皆にとって手強い敵になったんだと思いますよ。対戦相手の人は、注意したほうがいいですね!

 

あなたにとってダーツとは?
 人生であり、生活です。ダーツのために外に出ていると、子供と過ごす時間は減りますが、これは僕が彼等のためにやっている仕事なんです。稼ぐための仕事ですから、成功しなくてはなりません。子供を養っていけませんからね。

 

その髪型はいつから始めたのですか?
 あー、その質問ですか(笑)。娘のナオミが以前カラフルに髪を染めていたんです。それを見て、トーナメントで髪を染めるのも楽しいなと考えたんです。確か、最初にやったのはUKオープンでしたね。あの時は青にしましたよ。時期としては、はっきり憶えていないんですが、多分PDCでプレイし始めて2年目頃だと思います。日時の記憶は曖昧ですが、UKオープンに青い髪で出場したことは確かです。昔はブリーチしていたんですが、やりすぎると抜けてしまうんですよね(笑)。だから今はエアーブラシで色を乗せるだけなので、洗えば落ちるし、様々なスタイルに出来ます。その代わり時間がかかりますけどね。4時間近くかかることもあります。

 

明日はまた違うデザインにしますか?
 どうでしょう。もう今日で辞めようかな(笑)。全部剃るのもいいかもしれませんね。明日はガーウィンみたいなスタイルでいこうかな(笑)。


あなたはPDCの中でも、踊ったりするエンターテナーとして知られていますよね。
 今はちょっと肉がついたからジャンプは難しいですね(笑)。でも、世界中で僕のプレイを愛してくれるのは、最高の気分です。多分他の人とちょっと違うからでしょう。でも、テイラーみたいにシリアスにプレイしたら、何度もワールドチャンピオンになれるのかもしれませんね(笑)。

 

今回は日本で初めて開催されたPDCの大会ということですが、参加してみていかがですか?
 今回はハードでやりましたが、日本人プレイヤーの実力を発揮するためには、次回は同じ面子でソフトでやるというのも面白いでしょうね。それをPDCでテレビ中継するんです。だってソフトが専門のプレイヤーにハードだけというのはフェアじゃないでしょ?良いアイデアだと思いますよ。

 

またこの大会が日本で開かれたら、参戦してくれますか?
 絶対来ますよ!今度はもうちょっと日程に余裕を持って来たいですね。観光もしたいですから。

 

メッセージをお願いします。
 日本のみなさん、目標を持ってダーツの練習頑張ってください。誰が何と言っても自分の信じる道を進んで欲しいです。誰でも心の中に、自分のやりたいことを持っているはずです。それがダーツでも、仕事でも、何でもいいんです。周りに惑わされず、心に決めた道をひたすら走ってください。自分が動けば周りも動きます。僕はそうしています。皆さんもそうやって、何かを達成して欲しいと思います。

ダーツのことならダーツハイブ!!

ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive MONSTER BARRELS DESIGN
▲PAGETOP