Player Interview

Player Interview Indexへ戻る

tomoya tsumura、ふるたて しょう、古舘 翔

Vol.93. 2018年9月号 古舘 翔 ダーツは楽しい

まずダーツとの出会いについて教えてください。
 友人と漫画喫茶で遊びながら投げたのがダーツとの出会いです。それから勝ったり負けたりする感じが面白いなと思ってハマりました。

 

JAPANにはいつから参戦されているのですか?
 20歳の時にプロ試験を受けたので5年前からです。1年目は全戦には出場していませんでした。

 

全戦に参戦するようになったのはいつからですか?
 2年目からです。

 

2018年はステージ2で準優勝、ステージ5で優勝されていますが、どのような試合でしたか?
 ステージ2では決勝の舞台が初めてで相手は村松選手だったので、緊張とプレッシャーのうちに負けてしまった感じでした。
 ステージ5では少し気持ちに余裕ができたというか、楽に投げることができました。

 

相手は誰でしたか?
 柴田豊和選手でした。

 

初めての優勝は嬉しかったですか。
 本当に嬉しかったですね。入れ替え戦の相手が村松選手でしたが、今期3回目の対戦で初めて勝てたんです。それも嬉しかったです。


2018年になって調子が良さそうですが、何か特別なことがあったのでしょうか?
 調子が良くなったというか、去年の前半はダーツだけやっていたので、その練習の成果が出たのかもしれないですね。


ダーツばかりに集中していたのですね。
 はい。一日中投げてばかりいました。

 

現在のランキングが3位ですが、成績には満足していますか?
 ここまで来たらもう優勝したいですね。なんとしても年間ランキング1位になりたいです。

 

それにはどんなことが必要だと思いますか?
 技術も全然足りないしメンタルもまだまだですね。全体的にレベルアップしないとダメだと思います。

 

JAPANの舞台裏はどのような感じですか?
 舞台裏ではみんな練習していて、話の内容もダーツばかりですね。どのプレイヤーも真面目に取り組んでいると思います。

 

ツアーを回るための体調管理などはどうしていますか?
 試合前の一週間は仕事もお休みをいただいてダーツだけに集中します。あとはリラックスして早めに寝ることを心がけています。

 

今までで印象に残った試合はありますか?
 やっぱり村松選手との試合ですね。ダーツを始めた時からすごいプレイヤーだった村松選手と同じ舞台に立てて、しかも勝つことができたというのは大変な出来事でした。

 

ご自分でどのようなタイプの選手だと思いますか?
 どうなんでしょうね……。周りからは「このくそガキが」とか思われてるんじゃないでしょうか(笑)。

 

マナーもちゃんとしているし、そんなことはないと思いますよ(笑)。
 可愛がってくださる方もいるんですけど、そうじゃない人もいるんじゃないですかね。

 

突然頭角を現してきたので叩かれるかもしれないですね(笑)。
 やっぱりそうですかね(笑)。

 

今までにスランプはありましたか?
 イップスになったことがありました。プロになる前だったんですけど、それで嫌になっちゃって半年間ダーツを止めました。投げ出しちゃったんですよね。


どうやって治したのですか?
 その時働いていた店のオーナーさんと店長さんから「ダーツ投げろよ」「ダーツ止めるなよ」と怒られたんですよ。それでもう一度やってみようと思ったら普通に投げられたんです。半年ぶりにダーツを触ってみたら、手が止まることもなくちゃんと投げられたので「もう一度頑張ってみよう」と思ったんです。

 

今ダーツで一番大事にしていることは何ですか?
 普通に練習している時やお客さんと対戦する時でも、常に試合だと思って投げる様にしています。「これを外したら負けだ」と思いながら投げて、緊張感を持ち続けることを大事にしています。

 

プロダーツプレイヤーについてはどう思われますか?
 一般の人に、ダーツというものがどれだけ楽しいかを教えることがプロの役目だと思います。同時にプロとしてのマナーも大事だと思っています。

 

お仕事について教えてください。
 昼間は職人で、夜はダーツバーのプレイヤーをしています。

 

何の職人さんですか?
 内装です。


では結構早朝からのお仕事ですね。
 そうなんです。

 

尊敬するプレイヤーはいますか?
 今までダーツを支えてくれてた人なんですが小座間勝也プロです。ダーツに関してはすごいなと思います。女子は佐々木沙綾香プロでしょうか。

 

その人からいろいろなことを教えてもらったのですね。
はい。もしこの人がいなかったら僕がダーツをやっているかどうかもわからないです。精神的にも技術的にもいろいろ教えていただきました。

 

現在はモンスタープレイヤーですが、いつからですか?
 4年前からです。

 

活躍しているプレイヤーも多いモンスターですが、いかがですか?
 海外でも有名ですし、選手同士も仲が良くてとても居心地がいいです。

 

改めてダーツの魅力は何でしょうか?
 勝てば嬉しくてダーツが楽しくなるし、負けても悔しいからもっと練習しようという気持ちになるのが魅力です。それから全国に知り合いが増えて、ダーツによってどんどん輪が広がっていくのがすごいと思います。

 

今後の夢や目標を教えてください。
 一つの夢は年間ランキングを獲ることです。それまでは優勝が夢でしたが、優勝できたので夢が変わりました(笑)。
 目標はスーパーダーツに出ることです。

 

今年はフィル・テイラーの参加もあり特別盛り上がりましたが、やはりあのステージには立ちたいですか。
 はい、選手としては夢の舞台です。一度でいいので出場してみたいですね。

 

では、最後に読者にメッセージをお願いします。
 いつも応援していただいてありがとうございます。調子に乗らず頑張っていきますので、これからもよろしくお願いいたします!


ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive MONSTER BARRELS DESIGN
▲PAGETOP