Special Article

Sakai Report Indexへ戻る
No.23 2015年1月 2014年、紹介したいバレル
その前に2014年は大きな事件がありましたね。フィル・テイラーのターゲットへの移籍。業界では激震というというようなニュースでした。ダーツ界でもいろいろなことがおきます。
No.22 2014年11月 あなたが教えているその人のダーツ…
教え魔に共通する項目としてあげられているのが「自分は上手じゃない事」。ダーツ界を見回してみても確かにそうですし、自分の過去を振り返っても確かに大して上手くない。
No.21 2014年9月 プレイヤーは様々な大会に参加し色々と…
前号ではリーグ戦について書きましたが今回は大会について書きたいと思います。以前に比べるとだいぶ減りましたが、選手として参加したりスポンサーとして選手の応援に行ったり、今でも年間10大会以上は顔を出しています。
No.20 2014年7月 一歩踏み込んだ趣味「ダーツ」の為のリーグ戦
皆さん面白い事考えてやっていますね。リーグ戦ですからもちろん勝ち負けはあるんですが、初心者でも参加できるようにハードルを低くしたり中級者までのリーグ戦に特化したり。仕事が遅い人でも参加できるようにしたり。
No.19 2014年5月 どうしたいかが分かれば一般的なアドバイスは…
フォームのアドバイスをしながら「前はこういう風に投げていなかった?」と質問すると、他人にアドバイスされたり動画を見てプロの真似をして変えたと答える人が多いですね。
No.18 2014年3月 ウォーミングアップとアフターケア
体温が上がると病気になりにくいと言われますが、この冬珍しく風邪をひかなかったのも金時生姜のおかげではないかと、自分では思っています。冷え性の女性や病気がちの方には、金時生姜おすすめです。
No.17 2014年1月 2014年最初の号ですね
近年ダーツ業界の方と話をしますと「ダーツが売れなくなった」という話になります。確かに自分の店でもそう感じる部分は有るのですが、ダーツが買える所も増えていますから1店舗での増減は仕方ないかなと思います。
No.16 2013年11月 誰が優勝するかわからない顔ぶれ
またこの季節がやって来ました。PDCチャレンジ・ファイナルです。今回も大会のスポンサーとして、そして清水浩明をサポートしている立場として会場に行ってきました。今回はメンバーが非常に良かったですね。
No.15 2013年9月 私のダーツ史 3 最終回
私のダーツ史を振り返る3回目で最終回。前回は2004年7月にメダリストのラスベガス大会に行き、松本でダーツショップをすると決心したところまで。この頃のダーツ界といえば、ダーツライブが2004年秋に…
No.14 2013年7月 私のダーツ史 2
私がダーツを始めた10年くらい前は、地方でのダーツのブームに火が点いた辺り。当時ダーツの中心地はダーツバーでした。今のように大きい店ではなく、1台か2台設置の店がメインでした。それに次いで多かったのがビリヤード場に…
No.13 2013年5月 私のダーツ史 1
前号でこの雑誌も10周年を迎え10年間の歴史を振り返っていました。私自身もここ最近、ダーツを始めた頃の仲間や店を立ち上げた頃のスタッフにたてつづけに会い、自分のダーツ歴を思い起こすきっかけが有りました。
No.12 2013年3月 英国ダーツ旅
PDCを制する日本人が出てきて欲しいと思う気持ちは昔から強く持っていましたが、今回の旅で日本のダーツがPDCのように一般にも認知されて欲しい気持ちがいっそう強くなりました。
No.11 2013年1月 2012年 気になったバレル
見た目が似ていても、投げてみると全然違ったりするから面白いんですよね。その違いを言葉で説明し一般のユーザーに伝えるのが、ダーツ用品のWEBショップの役割じゃないかと思っています。
No.10 2012年11月 PDC チャレンジ ファイナル
ダーツに関わる立場の人間として、期待しているだけに厳しい目で見てしまいます。ゾーンに入った時の治樹はやはり日本一だと思っています。今年もまたPCの前で泣かせて欲しいですね(笑)。村松治樹選手頑張って下さい!
No.9 2012年9月 大会での遠征は楽しい
私がダーツを始めた頃に比べると、ダーツを取り巻く環境は非常に良くなったなあと思います。上手くなりたい人には動画サイトも有りますしDVDや雑誌、技術講習会も最近では増えてきています。
No.8 2012年7月 プロ選手のお金のお話
このニューダーツライフのコラムを多くのプロの方も読んでくれているのか、会場で試合を見ているとプロ選手から声をかけられる事が非常に多くなりました。今回はプロの選手に向けてお金の話を。正しくは税金の話です。
No.7 2012年6月 PDJ西日本 エイドリアン ルイス来日
ちょっと感動しながら見てしまいましたが、日本人のトップ選手と比べても差を感じる程でしたね。一番差を大きく感じたのはダーツのグルーピング。1本目がT20に入ればそのダーツに吸い寄せられるように2本目3本目が集まるんです。
No.6 2012年4月 プロ トーナメント
今年に入り大会が延期になったり、会場や開催県が変更になったりが増えていますね。色々な方から「エントリーが少なかったから?」「主催者が駄目なんじゃないの?」「やっぱりプロトーナメントは違法なの?」と訊ねられます。
No.5 2012年1月 2012年 新年
年が明けたら意外とスッキリしましたね。少し前向きな気分になりましたので、2012年に向けて思った事を。先ずはプロトーナメントが3つになります。たぶん、多くのプロの選手が未だに悩んでいるんじゃないでしょうか?
No.4 2011年12月 フィル・テイラー vs 村松治樹
そして8時からダーツ史上最強の男フィル・テイラーと1回戦で勝負です。世界最高峰の大会の舞台で、世界最強の男と戦える。これは、日本のダーツに係わる関係者全ての悲願といってもいい対戦です。
No.3 2011年11月 PDJ チャレンジファイルを見て感じたこと
村松治樹の何が私を惹きつけるのか、試合を見ながら考え始めてしまったんですよ。応援や観戦は日本独自の盛り上げ方が見つかるといいなと思います。選手も盛り上がった方が投げやすいし、いいダーツが出来ると思うんですよね。
No.2 2011年10月 WDF World Cup
ダーツにWorld Cupが有る事を初めて知ったなんて人も多いんじゃないでしょうか? ハードダーツの大会で、WDF(World Darts Federation)により2年に1度開催されています。今回のWorld Cupは世界から38ヶ国が参加。
No.1 2011年10月 最初のレポートは… BDO World Masters
インターネットショップ「ダーツ屋どっとこむ」の店長をしています酒井と申します。これからNew Darts Lifeのウェブ・ページでコラムを書くことになりました。
今回は先日行ってきた、World Mastersについて書きたいと思います。
ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive maeshima gsd MONSTER BARRELS DESIGN strato
▲PAGETOP