Special Article

Special Article Indexへ戻る

英国,ダーツ、ダーツ事情、ターゲット

No.30 Vol.61. 2013年5月号 英国でインタビュー 英国から見た日本・世界のダーツ事情-3

 

■ ターゲット 社長 Garry Plummer

Q1:過去10年間でダーツシーンは随分変化していると思いますが、いかがですか?
A:私としては、世界のダーツシーンが色々と変化してきたことは、とてもいいことだと思っています。ドイツやオランダのような国では、それぞれの国のスポーツチャンネルでPDCのイベントがテレビ中継されているおかげでダーツ人気が再燃してきています。これはとても素晴らしい変化ですね。

 

Q2:特に日本のダーツシーンと市場は劇的な変化を遂げました。ターゲットの社長として、この変化をどう思いますか?

A:今の日本市場はお客様の要望も多様化してきていますから、確実にハードルが上がっていますね。そんな中ターゲットでは、最新鋭の技術を集めた革新的な商品を取り揃えて対応しています。
 例えば、F1でも使われているシリカという特殊なコーティングを使用したり、最新のテクニックを用いてダーツを削るなど、常に新しいことに挑戦していますし、カレラダーツのシリーズでは、当社が独自開発したピクセルグリップテクノロジーを採用するなど、常にダーツにとって新しい技術を模索しているのです。

 

Q3:日本人プレイヤーが増加し、その技術も上がってきていることをどう思いますか?
A:日本人プレイヤー達にはいつも驚かされます。彼らはダーツに対していつも真剣に取り組み、上達への意気込みも素晴らしいものがありますね。それに近年では、さらに多くの人たちが、この素晴らしいダーツというスポーツをプレイするようになってくれたと思いますし、その認知度も上がったのではないでしょうか。

 

Q4:日本以外でダーツが盛り上がっている場所は世界にありますか?
A:スペイン・ポルトガル・イタリアといった国では、ソフトダーツが着実に成長してきているようです。

 

Q5:現在のイギリスダーツシーンはいかがですか?
A:イギリスのダーツは依然好調に成長を続けています。ここでも日本と同じで、プレイヤーの方々はより優れた製品を求めるようになっています。勿論、以前より優れたダーツを使うことによって、ダーツのゲームの質が上がりますから、これは消費者としては当然の行動でしょう。こういったイギリス市場での高品質志向に合わせて、ターゲット社では日本市場での経験を生かし、日本で洗練された自社製品をイギリスの市場に逆投入する形も取っています。

 

Q6:日本やアジアではソフトが人気ですが、その状況をどう考えていますか?
A:ダーツマシーンの会社がアジアで大きくなり広がっていくにつれて、ソフトダーツそのものも、アジアの中で広がっていくでしょう。香港・台湾・マレーシア・タイ・シンガポールなどといったアジアの国々にも、すでに流行の兆しが現れてきています。

 

Q7:ヨーロッパではソフトは人気がありますか?
A:ソフトはヨーロッパでも人気ですよ。特にスペイン・イタリア・ドイツ・ポルトガルなどではソフトが健闘しています。ここでも、アジアのマシーンメーカーが最新鋭のダーツマシーンをヨーロッパへと持ち込みどんどん進出してきていますので、その影響も大きいのかも知れません。

 

Q8:ダーツは今後どのようになっていくと思いますか?
A:日本ダーツ界では今後、マシーンメーカーが更にクオリティーの高い機種を作り出していくでしょうね。そしてそういった器具や道具の品質が向上していくに連れて、プレイヤーの質も上がっていくと思います。ハードに関しても、PDJが日本のハードダーツに力を入れていますので、自然とプレイヤーのレベルも上がっていくでしょうね。私の夢としては、ハードの土壌が整備されていく中で、日本からもPDCでコンスタントに活躍できるような選手が現れてくれることです。今の状況を考えると、この夢もそう遠くない未来にかなうのではないかと思っています。

 

Q9:ダーツの中心地として、イギリスダーツの未来はどうなっていくでしょうか?
A:イギリスのダーツは、今後も成長を続けていくと思います。最近ではPDCをスポンサーしたいという企業も増えてきています。例えばダーツライブアジアもPDCとPDJのスポンサーです。そういったサポートも増え、世界中から注目の的になっていますから、PDCは今や過去最高の状態で運営されていると言えるでしょう。
 PDCのプロサーキットに臆することなく挑戦したいという若いプレイヤー達もとても多くなっていて、嬉しい限りです。

 

Q10:ターゲットの今後の活動を教えてください。
A:ターゲットでは、これからも最新鋭のテクノロジーを取り入れた設備投資を続けていく予定です。これによって、世界最高水準を誇る精密なダーツを皆様にお届けしていくことが可能になるのです。今年は新製品のラインナップも登場する予定になっていますので、是非期待してください。更にターゲットは、2014年初盤に素晴らしいプレイヤーとスポンサー契約するプロジェクトを進めていますので、皆様どうかお楽しみに!


 

ダーツのことならダーツハイブ!!

ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive MONSTER BARRELS DESIGN
▲PAGETOP