Special Article

Player Interview Indexへ戻る
No.30 2013年5月 英国から見た日本・世界のダーツ事情-3
世界のダーツシーンが色々と変化してきたことは、とてもいいことだと思っています。ドイツやオランダのような国では、それぞれの国のスポーツチャンネルでPDCのイベントがテレビ中継されているおかげでダーツ人気が再燃してきています。
No.29 2013年5月 英国から見た日本・世界のダーツ事情-2
ここ10年、ダーツが凄い勢いで盛り上がっているといえば、アジア地域全般でしょうね。それから、ここのところ特に目立つのがアフリカです。イギリスのダーツシーンはとても活況ですね。パブ文化のせいで、やはり主流はハードです
No.28 2013年5月 英国から見た日本・世界のダーツ事情-1
かつては年に数回だったテレビ放映も今のPDCでは数えきれないほどにまで増えた。これからもますます…。さて一方これからの日本ダーツはどうなるのか?アジアの発展は?多くのダーツヒントがあるインタビューとなった。
No.27 2010年11月 誰にでも潜む悪魔 スランプ克服法
スランプと一言で言ってもそれぞれ色々な原因や症状がある。だが、スランプから抜け出すためにはまず敵を知ることだ。ここでは、スランプとは一体何なのか、そしてそれがどんなメカニズムで起きるかについて考えてみたい。
No.26 2010年9月 ハードダーツへの誘い 谷内 太郎
ソフトが上手くなってくると色々な欲が出てきて、自分のダーツをワンランク上に押し上げてみたいと思っているプレイヤーも多いはずだ。そんなプレイヤーの方々にNDLがお薦めしたいのが、「ハードダーツも投げて見る」ということだ。
No.25 2017年1月 ライバルの存在 佐藤かす美 藤野裕加里
今はかすみちゃんが最大のライバルだと思っています。負けたくない存在であるのと同時に尊敬もしてますし、お互いに支え合ってる部分もあるので、すごく良い関係だと思ってます。
No.24 2009年5月 日本ダーツ界にはこんな素晴らしい人たちがいた
ジローさんの世界ダーツ旅は痛快そのもの。トルコでは盗賊に会い砂漠に埋められ、命からがらの逃避行。ハワイでは「ダーツプレイヤーのフラダンス」が気に入られてテレビ出演。当時ビサ取得が困難だったロシアにも赴き…
No.23 2009年1月 次世代を担うダーツプレイヤー
構えて、と言うと既にテイクバックを始めたような位置に手がある。この動きはジョニーと似通っている。本人はテイクバックをしない、と語っているが連続撮影のようにしっかり同じ位置に引いている。
No.22 2009年3月 日本ダーツの始まり
「こいつは驚いた!」私は大喜びした。「日本人もダーツをやるなんて。」この時私には気付いていないことがあった。偶然にも私が足を踏み入れたこの店は、1964年時点でおそらく日本でただ一つのダーツパブだったのだ。
No.21 2011年5月 テイクバック フォロースルー
テイクバックには安定感が絶対必要だと思うんです。そのために、肩の使い方や肘の出し方、身体の向きといったものを総合的に見て…。最初に確立した投げ方というのは、自分にとって実は結構良い投げ方なんです。
No.20 2014年11月 「女子本音討論会」
今回のダーツエンジェルは各プロ団体でも大活躍する5人の魅力溢れる女子達にご登場いただいた。私生活での過ごし方からダーツへの姿勢など、多岐に渡って本音を激討論いただいたので、ぜひお楽しみ下さい。
No.19 2008年1月 T-arrow HOSHINO 新春対談
今年から本格的にPDCに参戦するT-arrowこと谷内太郎選手と、昨年PERFECT初代グランドチャンピオンに輝いた星野光正選手。トッププレイヤーの中でも人気・実力ともトップクラスの2人が、新年!それぞれのダーツについて…
No.18 2007年11月 Desert Classic VI
アメリカでPDCが開催するイベントの中でも最も人気のある大会。テレビ視聴率も高いエキサイティングな1週間をステイシーがレポート。どんな大会だったか?第6回目の栄冠は誰の手に?
No.17 2007年11月 WDF World Cup 2008 Holland
WDF ワールドカップが10月9日より4ヶ間の日程でオランダ中部に位置する歴史のある街、ハルトゲンボッシュ郊外のオウトトロン・エキスポドームにて開催された。過去最大の6大陸から41ヶ国が出場、白熱したゲームの展開となった。
No.16 2007年7月 BEST 6 PLAYERS 2007
目指すプレイヤーとかはあんまり考えたことないですね。自分は自分なんで、自分が強くなって上手くなれば、下のプレイヤーが僕みたいになりたいと思ってくれる。それが理想ですね。
No.15 2007年7月 ブルシューター シカゴ大会 XXII
会場の雰囲気は実におおらかそのもの。日本のトーナメントも年々洗練され、演出もかなりクオリティの高いイベントにはなっているが、国民性の違いなのか?この雰囲気はなかなか日本では味わえない。
No.14 2007年3月 PDC World Championship
国際色豊かな車内では各国の言葉が飛び交い、それぞれ大会への期待と意気込みが感じられる。これらの国がどのような戦いを繰り広げるのか、香港や中国、そして日本の活躍はどうだろうか、これは昨年以上におもしろい大会になりそうだ。
No.13 2006年3月 第2回 ブルシューターアジア 香港大会
国際色豊かな車内では各国の言葉が飛び交い、それぞれ大会への期待と意気込みが感じられる。これらの国がどのような戦いを繰り広げるのか、香港や中国、そして日本の活躍はどうだろうか、これは昨年以上におもしろい大会になりそうだ。
No.12 2005年11月 WDF World Cup 2005 Australia
WDFが2年ごとに開催しているワールドカップが9月29日より10月1日の3日間の日程でオーストラリア、パースで開催された。前回2003年はフランス、今回はオーストラリア、次回2007年はオランダが予定されている。
No.11 2005年7月 ブルシューター シカゴ大会 XX
ブルシューターが開催するイベントで最大の大会がアメリカ、シカゴで5月26日より30日までの5日間の日程で開催されたので、昨年に続き取材に赴いた。冬はマイナス20度にもなりミシガン湖からの突風で極寒で知られる街。
No.10 2005年5月 アジアインターナショナル 済州島大会
開催地は韓国でも南に位置し、一年中温暖で知られる済州島。
そして会場はオープンして間もない、最高級のラマダ・プラザホテル。
主催側は最高の舞台を用意したが、参加プレイヤーが少なかったのが…。
No.9 2005年3月 メダリスト タイ工場訪問
ダーツの雑誌を編集するようになって以前よりソフトダーツマシーンの製造過程やマシーンの内部について強い関心を持っていた。機械の部品の調達は?
どんな処で?どんな風?読者の方々も、疑問や興味を抱くことは多いことと思う。
No.8 2005年3月 ブルシューターアジア 香港大会
いろいろな海外の大会を取材してきたが、アジアで開かれる本格的なソフトダーツの
国際大会なだけに出発前より期待は大きかった。参加国はどのくらいだろう?
参加プレイヤーの面々はどんな人達?アジアのソフトダーツのレベルは?
No.7 2004年11月 アジアパシフィック シンガポール XII
参加国は、日本、ニュージーランド、香港、マレーシア、そして開催国シンガポールの5ヶ国。 2年に1回開催される、アジア・パシフィックカップが今年はシンガポールにて9月21日より23日の3日間の日程で開催された。
No.6 2004年9月 2003年に続き2回目のラスベガス大会
参加したプレイヤーはみんな満面笑み。やはりこのラスベガスで開催される
トーナメントの楽しさは格別だから。2003年との違いはなんと言っても
日本人が多くのトロフィーを持ち帰ったことに尽きる。実力が確実に上がって…。
No.5 2004年6月 ブルシューター シカゴ大会 XIX
ソフトダーツでは世界の実力者が集うブルシューターが開催するシカゴ大会。
やはりアメリカの誇る名プレイヤーたちが素晴らしいダーツを繰り広げていた。
多くの人たちと出会ったことはアメリカのダーツ情報を得る重要な鍵となった。
No.4 2004年2月 ダーツ世界旅 ニューヨーク
世界の金融の中心地、経済の話題になるとこの町だが、なぜかダーツの話になると
あまり聞こえて来ない。訪れた時はまだ9.11の傷跡が痛々しかったのだが…。
たまたまリーグ戦に遭遇、そして理事長のインタビューも取ることができた。
No.3 2003年12月 世界最高峰 ダーツの舞台 PDCワールドグランプリ
ダーツの神髄を見てみたい、取材したい、そこでPDC研究がスタートした。
どうせだったらメジャー大会に行ってみよう、選択したのはアイルランドの大会。
舞台は豪華ホテル、観客は熱狂的な応援、プロプレイヤーたちの激しい戦いが…。
No.2 2003年8月 メダリスト ラスベガス 2003
海外のソフトダーツトーナメント取材はあらゆる種類の娯楽を求めて、世界中から
人々が集まる街、ラスベガス。エントリー数4,000人、うち日本人プレイヤー180人。ダーツの魅力は何なのか、何が彼らを熱くするのか…。
No.1 2003年3月 創刊号 ダーツ世界旅 イギリス
ダーツ専門雑誌を創刊するにはどうしたらいいのか?調べてみると英国が発祥地。
やはり現地に行っていろんな人々、会社にコンタクトを取ってインタビューしよう。
そして最も歴史のあるユニコーンの扉をたたき、NDLの歴史が始まった。
ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive MONSTER BARRELS DESIGN
▲PAGETOP