Special Person Interview

Special Person Interview Indexへ戻る

Richard Lowy、UNICORN DARTS

No.35 Vol.60. 2013年3月号 Richard Lowy 日本がダーツ界で頂上を目指すなら 

Q1:世界のダーツシーンはこの10年間に変化したと思いますが、いかがですか?
A:日本から見ると、この10年で世界のダーツはめまぐるしく変化しているように見えるかもしれませんね。これは、世界のもっと多くの国で益々多くの人々がダーツをプレイするようになったという意味では、とても喜ばしいことだと思っています。しかしながら、ユニコーン社は1930年に創業して以来、世界で進化を続けるダーツというスポーツを見てきました。その長い歴史の中には、たくさんの忘れられないような出来事や、興味深い商品など、世界のダーツシーンを変えるような出来事がすでに起きていたと思います。

 

Q2:特に日本のダーツシーンは大きく変化したと思いますが、いかがですか?
A:日本のダーツシーンに注目すると、ユニコーンが日本と関わってきた歴史は過去45年間ほどです。我々はこの間日本のダーツプレイヤー達にダーツを提供してきたわけですから、膨大な経験を持っています。ここ10年程の日本でのダーツの急速な発展とプレイヤーの増加は、世界のダーツ市場でも歴史に残る大きな出来事だと言えるでしょうね。

Q3:あなたがおっしゃったように、日本人プレイヤーの数は大きく増加し、その質も劇的に向上していると思いますが、いかがですか?
A:日本人プレイヤーの増加と共に、その技術が間違いなく上がってきているのは事実でしょう。しかし、世界で達人と呼ばれるダーツプレイヤー達は、ダーツを的に向かって的確に投げる技術が素晴らしいだけでなく、最初のダーツがボードに刺さった瞬間からフィニッシュまでの道筋を、瞬時に数学的に計算できる能力も持っているのです。ですから、世界のマーケットにとって日本でダーツ人口が増えることは大変素晴らしいことなのですが、やはり日本がダーツ界で頂上を目指すなら、日本のトッププレイヤー達がソフト同様ハードももっとプレイしていかなければならないと思います。

 

Q4:この10年で日本以外にダーツが盛り上がってきている場所はありますか?
A:日本以外には思いつきませんね。

 

Q5:現在のイギリスダーツ事情について教えてください。
A:イギリスのダーツ市場は現在も大変活況です。ハードダーツがそのほとんどを占めていますね。過去数年来、イギリスのダーツ界の発展にPDCがもたらした功績は甚大です。特にトーナメントの賞金額は凄いことになっていますので、このおかげで多くのプレイヤー達がメジャートーナメントでの優勝や、ワールドチャンピオンになることを夢見て奮闘するようになり、イギリスのダーツ界は今ものすごく盛り上がっています。

 

Q6:日本やアジアでソフトダーツが伸びてきていることに対してはどう思われますか?
A:日本と、それ以外のアジア地域でもソフトが盛況になっていることは、我々にとってはとても嬉しい状況です。おかげで更にたくさんのプレイヤーがダーツの世界に入って来てくれるわけですから、これは有り難いことです。

Q7:ヨーロッパではソフトは人気がありますか?
A:そうですね。ソフトダーツはヨーロッパでも人気がありますよ。実際ソフトプレイヤーの人口はかなりいると思います。しかし今では、PDCのテレビ中継がヨーロッパでも盛んに行われるようになっていますので、例えばドイツのように元々ソフトが主流だった国で今やハードが大きく成長してきているというような例もあります。

Q8:ダーツの将来はどのようになっていくとお考えですか?
A:ソフトでもハードでも言えることですが、最近では大会の賞金額がどんどん大きくなってきていますし、国内・外共にテレビ中継される試合も多くなっていますので、当然ダーツはもっと多くの人々の目に留まるようになります。したがって当然将来的にもっともっと成長していくでしょう。
 大切なのは、プレイヤーが多くなり良いプレイヤーが増えれば、それにつれて彼らの技術も上がっていくということです。このプレイヤーの技術の向上は、彼らが使う道具の向上と切っても切れない関係にあるのです。テクノロジーは、プレイヤーを更なる高みへと導く手助けをしてくれますし、最終的には大きなトーナメントでの優勝も可能になります。これは、過去20年間のダーツのアベレージを見ても明らかです。増加する大会の数、大きくなる賞金、そしてバレルやボードといった道具の技術的進化が全て一体となって、PDCトーナメントでの素晴らしいアベレージなどの成績に表れてくるのです。

 

Q9:イギリスはダーツの中心ですが、そのイギリスダーツの今後はどうなるでしょか?
A:やはり、イギリスのダーツはこれからもハードが中心で進んでいくでしょう。現在世界のあちこちでソフトが流行していますが、イギリスではソフトはあまり大きな市場ではありません。
 日本ではソフトダーツがメインでプレイされていますし、今皆さんが読んでいるこのNDLもソフトを多く扱った雑誌なので、ちょっとがっかりしてしまうことかもしれませんが、やはりイギリスのダーツ界で今後ソフトが盛り上がっていくということはあまり考えられないですね。

 

Q10:ユニコーンの今後の動向について教えてください。
A:2014年の新作ユニコーンプロダクツは、この夏に発売予定です。ユニコーンが1930年の創業以来続けてきたように、革新的技術に彩られたエキサイティングな商品を幅広くどんどん出していきますので、日本のダーツプレイヤーの皆様も今後のユニコーン製品に是非ご期待ください!

UNICORN DARTS よろしくお願いいたします

ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive MONSTER BARRELS DESIGN
▲PAGETOP