Interesting Story

Interesting Story Indexへ戻る

../images/photo_35_1.jpg,四国ダーツ、愛媛県ダーツ、松山ダーツ、PDC選手 来日、四国パーフェクト

No.35 Vol.27. 2007年9月号 若い二人の現役PDC選手 来日

 若いフレッシュなPDC現役選手2名が来日した。その二人はPDCランキング75位Jelle Klaasen選手と45位のMichael van Gerwen選手。東京と松山で数日間の滞在で短い期間だったが、松山ではプロツアー、パーフェクト第七戦に参加、Jelle Klaasen選手が優勝し、その実力を証明した。

 二人に来日の感想を尋ねると、やはり第一に食文化の違い、次に独特の湿気のある夏。かなり閉口したようだが、また来日すると言っていたのは本当だろう。特にマイケル選手はその実力を発揮できなかっただけに、密かにリベンジを誓っていた。

 最近PDCではオランダ人のRay Van BarneveldがPDCの試合の中でも最も権威のあるワールドチャンピオンシップで優勝したことにより、今までとは違った空気が流れている。Ray Van Barneveldがワールドチャンピオンシップを勝ってアムステルダム空港に着くと、なんとオランダ首相が出迎えたのだから、その事情は日本とは比較にならない。トップダーツプレイヤーは他のスポーツと同様の扱いということだろう。ダーツが長い歴史の中で、ついに権威を持ちつつある。特に今回来日した二人の母国、オランダでは地位が高い。

 また、世界最高峰のダーツの舞台で、英国人でなくても通用するということが世界に証明されたことは、これからのダーツ界の潮流を変えるだろう。その証拠にダーツを職業にしたい若いプレイヤーが次々と挑戦を始めている。暫く同じような名前が並んでいたPDCのランキングは最近、少しずつ様変わりしている。試合のレベルの上がり方も凄まじい。今年Phil TaylorとRay Van Barneveldの試合で3本の平均119点という新記録がたたき出された。最後にはダブルを打たなければならないスティールダーツで!信じられない出来事だ。

 今まさに新しい時代を迎えつつあるダーツという競技だが、世界では試合数も激増、新しいスポンサーも続々参入、ますます熱くなっていきそうな様相だ。

 今、日本はご存じのように空前のソフトダーツブーム。さて、世界のスティールダーツの舞台で活躍する選手が登場するだろうか。  

ダーツのことならダーツハイブ!!

ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive maeshima gsd MONSTER BARRELS DESIGN strato
▲PAGETOP