Interesting Story

Interesting Story Indexへ戻る

橋本 守容、よしだひろかず、Hirokazu Yoshida

No.71 Vol.40. 2009年11月号 PDJ START Player-7 Morihiro Hashimoto ※ Annie

Hal 6-2 Annie 勝負のポイント

 泣いても笑ってもこれが最後の試合。最終ゲームはベスト・オブ・イレブン(6レッグ先取)で行われた。第1レッグはAnnie先攻で2ラウンド目に180を叩き出す。Halも負けずに4ラウンド目に180を返すものの先攻キープでAnnie。第2レッグは100-140と安定したスコアを重ねたHal。続く第3レッグ、Annieが終始安定したスコアでこのゲーム初のブレイク。続く第4レッグで、両者共に4ラウンド中3ラウンドが100+の壮絶な打ち合い。後攻のAnnieが15ダーツでブレイクし2-2。第5レッグは順調に削るHalがブレイクする。
 小休止が入り一旦休憩。この時間に二人は何を考えていただろうか。第6レッグ、Halが走りAnnie大ブレーキ。Hal、15ダーツで先攻キープ。2-4となる。第7レッグはAnnieが序盤にスコアを量産するが後半でのHalの追い上げが凄い。ブレイクを決めて2-5とリーチ。
 そして第8レッグ先攻Halが140-100-140と高スコアに対しAnnieも中盤で140-140と巻き返す。しかし1歩及ばず14ダーツでHalがガッツポーズ、PDC行きを決めた。

 

このトーナメントに挑戦しようと思ったきっかけは?
 ダーツを始めてからフィル・テイラーの映像を見て、PDCにすごい憧れを持ってました。いつかは自分もこの舞台に立ちたいとは思ってましたが、今までこういうチャンスはなかったですよね。だから今回の大会を聞いて、これは自分のダーツ歴の中で一番大きいものになるだろうと思って挑戦しました。

 

以前からスティールを投げられてますが、スティールダーツ歴というのはどのくらいですか?
 う~ん、どこが初めなのかがはっきりしないんですが、一番最初に大会に出たのが3年くらい前ですね。ソフトは5年くらい投げてます。

 

今回の挑戦のために何か特別な練習や調整などはされましたか?
 スポンサーからの支援をいただき今年の6月にラスベガスのデザートクラシックに出させてもらって、PDCを体験させてもらいました。そこで感じたことは、とにかく点を取れなければ上がるチャンスがないということです。だから、とりあえず点取りに強くなろうと思って、点取りの練習をしっかりしました。

 

デザートクラシックでは優勝した選手に負けたんでしたよね。唯一フルレッグまでいったのがアニー選手との試合だけだったとか。
 そうらしいですね、僕も後から聞いたんですけど。それは自分にとってもすごく自信になりましたし、いい経験ができたと思います。


予選は西日本大会から抜けられました。どのような試合でしたか?
 一番きつかったのはベスト8の時で、勝てば予選を抜けられるというところで、谷地太郎選手と当たった試合です。二人とも30以上のいいダーツを打ってたので、いい試合ながら厳しかったですね。

 

今日のファイナルに向かってはどのような気持ちでしたか?
 「自分が絶対行ってやる!」というつもりで臨んでましたね。

今日のジョニー選手との試合はどんな試合でしたか?
 前半は点取りもうまくいって3レッグ取れたんで、このままいけるかなと思ったんですけど、その後固くなって結局フルレッグまでもつれました。なんとか勝てることができましたが、最後の方は点取りがよくなかったので、次は気持ちを切り替えていこうと思いました。

 

この試合の勝負ポイントは7レッグ目ですかね?
 そうですね。相手が先攻だったので、気合を入れて多く削らないと、と思ってました。

 

セミファイナルの嵐選手との試合はいかがでしたか?
 この試合も決勝と同様で、自分が今まで練習してきた点取り、削りの部分が思うようにできなかったです。セミファイナルに関してもラッキーな部分が多かったと思います。


勝負どころはどこでしたか?
 ダブルですね。僕の方が松本選手よりも先に入れられたということですね。

 

そして最後の決勝ですが、全体的にいかがでしたか?
 全体的に点取りで置いていかれたって感じですね。村松選手が終始100や140を出し自分より多く点を取っていく展開だったので、村松選手が強かったというしかないですね。

 

村松選手には今までに負けたことがなかったということですが。
 ソフトで1回負けたことがありました。さっき言われて気付きました。

 

先に削られてしまったということが勝負どころでしょうか。
 そうですね。自分がすごく固くなってるのが分かりましたし、それ以上に村松選手が素晴らしいダーツをしてきたんで、さらに固くなってしまったというのもありますね。

 

7レッグ目の86レフトで1本目が18(残り68)。2本目18を狙って1に入った時、すごく間があったじゃないですか。あの時は何を考えてましたか?
 あの時は18シングルと最後ダブルブルを入れるつもりで投げたのが、1に外れてしまったわけですけど、その瞬間頭が真っ白になってしまって、もう気持ちの整理がつかなかったですね。

次のレッグの先攻が村松選手になるから……とか考えてるのかな、などと思って見てましたが。
 全然そこまでは考えてないですね。あの時は何も考えられなくなってました。


今回の挑戦でダーツについて何か変わりましたか?
 自分の弱さが再確認できたと思いますね。練習でかなり調子良かったんで自信を持って臨んでたんですけど、出し切ることができませんでした。これからは練習でできてたことが本番でもしっかり出せるようにしていくだけですね。

 

来年もこの大会に挑戦されますか?
 もちろんします。来年こそは絶対に取りたいですね。

 

ダーツに対しての夢や目標を聞かせてください。
 日本ではソフトダーツがメインになると思いますが、ハードに関して言えばPDCに行って、PDCの選手を1人でも多く倒せるようにということを常に目標にしています。

 

何か特別におっしゃりたいことはありますか?
 岡山から応援に来てもらった人たちがいたんで、やっぱり勝って喜ばせたかったですね。
 会場に来ていた娘にも勝っていいところをみせたかったんですけど……残念です。

ダーツのことならダーツハイブ!!

ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive MONSTER BARRELS DESIGN
▲PAGETOP