Interesting Story

Interesting Story Indexへ戻る

PDJ TOURNAMENT、ピーディージェイ

No.75 Vol.45. 2010年9月号 PDJ 2010-2 

 

■ 今大会唯一フルレッグまでもつれた大接戦の好ゲーム

 今大会唯一フルレッグまでもつれたこの準決勝第一試合。星野選手の先攻で始まったが、赤松選手がいきなりのブレイク。その後試合の流れは一旦星野選手に傾く。しかし後半赤松選手が反撃をみせ、注目の最終レッグ、赤松選手は180をたたき波に乗っているように見えた。後攻ながら先に上がり目を出した赤松選手だったが、最後のダブルがことごとく入らない。結局追いついてきた星野選手が先に決めて粘り勝ちとなった。最後の最後まで手に汗握る接戦だった。

 

渡辺 紘士 腕という意味では殆んど互角

 フルレッグで最後までもつれた試合でした。勝ちのチャンスは赤松選手のほうにあったと思いますが、なんといっても最後のダブルが入らなかったのが痛かったですね。でも星野選手にとってはこれは勝ちを拾ったということではなく、一生懸命ダーツを投げた結果の勝利です。もう負けそうだという場面になっても、勝ちをあきらめなかった星野選手は良かったと思います。赤松選手はダーツの技術は良いので、最後まで食いつくことが出来るか出来ないかで結果が変わってくるでしょうね。あと1本で勝ちという場面で安心して、油断する気持ちが出てしまう事があるものです。赤松選手も星野選手も、ダーツの腕という意味では殆んど互角だったと思うんです。でも、最後まで食いついて、勝負をあきらめなかった星野選手に勝ちが行ったんでしょうね。

 

樋口 陽子 さすが準決勝だなという試合

 さすが準決勝だなという試合でした。フルレッグの試合運びの中で、星野選手だったと思うんですが、面白いアレンジをしているなということがありました。ちょっと惜しいという部分もありましたね。ただ、星野選手は結果的に勝ったので問題ないです。両選手17ダーツくらいの展開で、見ごたえのある試合になったと思います。

 

 

■ 去年のPDJでも死闘を繰り広げた好カード、ハードの試合はやはり面白い

 去年のファイナリスト橋本選手と、前評判では皆に「ジョニーはやばい」と言わせていた安食選手の準決勝第二試合。去年のPDJでも死闘を繰り広げた好カードだ。安食選手は立ち上がり少しスローペースではあったが、調子は悪くない。2レッグ目では131のハイオフもあり順調に見えた。だが、その後じわじわと自分のペースに試合を運んでいく橋本選手を前に、安食選手の調子が乱されているようだ。結局5、6、7レッグと連取した橋本選手がこの試合を制した。スコア的に見ても安食選手は決して悪くなかったのだが、やはり橋本選手のゲーム運びの上手さに軍配が上がった。

 

渡辺 紘士 安食選手にはちょっと悔いが残る結果

 技術があるプレイヤーは調子が良い時に自分のプレイを意識し過ぎたり、相手のことを考え過ぎてしまうと、自滅してしまうことがあるんです。そういう意味ではこの試合、安食選手にはちょっと悔いが残る結果になってしまったかもしれません。この前の試合から見ると調子に波があるようですね。でもこれは安食選手一人にあてはまることではなく、全体的に皆安定感が少し欠けているような感じはあります。この経験を次に生かして欲しいです。

 

樋口 陽子 アベレージも良かった

 橋本選手、安食選手共に実力がある選手だなと思いながら見ていました。両選手とも大きなブレはなかったですね。スコア的にもかなり良かったし、ダブルを引っ張ることもあまり無く、アベレージも良かったのではないでしょうか。橋本選手の勝因は、自分のペースを崩さず、思いっきり勝負にいった点だと思います。安食選手も負けはしましたが、互角に戦っていたと思いますよ。もっともっとハードの経験を積めば、更に伸びると思います。

 

■ PDCにいくべき男がその椅子を勝ち取った年末の英国ではどんな結果を出すか

 決勝戦は、どちらも百戦錬磨の橋本選手と星野選手の戦い。両選手共に気合十分で入場してきた。観客の期待もどんどん高まる。1レッグ目はエンジンのかかりきっていない橋本選手に対して、星野選手は4ラウンド連続の100越えと飛ばしているように見えた。しかし、最後2残しで3本ダブルをはずすという痛恨のミス。橋本選手が我慢のダーツでこのレッグを自分のものにした。その後も両者100を越えるハイレベルな攻防が続くが、星野選手は肝心のダブルが一向に入らない。結局流れは橋本選手に傾き、6レッグ連取の快勝を納めた。星野選手は100を超えるスコアを16も出しており、橋本選手に比べても勝っていた。しかし決め手のダブルが入らないことと、アレンジのミスなどもあり残念な結果となってしまった。勝った橋本選手は、さすがにゲームが上手い。自分のダーツをきっちり投げ、厳しい場面にあってもあきらめないその気持ちが、勝利をもたらしたのだろう。

 

渡辺 紘士 橋本選手には余裕があった

 ストレートで橋本選手の勝ちでしたね。客席から見ていると、橋本選手のほうには余裕があったように思います。ここで勝った橋本選手には、世界でしっかり勝ってきて欲しいですね。世界のレベルは上がってますから、かなりの苦戦が予想されます。この試合のようにはなかなかいかないでしょう。橋本選手も本番前に課題を分析してしっかり調整して欲しいですね。ダーツの数や良いアレンジ、ゲーム運びなど、僕をうならせてくれるようなプレイを期待しています。

 

樋口 陽子 精神面を鍛錬して欲しい

 この試合は橋本選手のストレート勝ちという結果だったんですが、星野選手の敗因はスコアは入るのに、詰めが甘い部分が出てしまったことですね。アレンジの計算を考えてしまうような場面が何度かあり、そこでリズムを崩していました。そういうシーンを見ると相手は勇気付けられて、調子を上げ楽に投げられるようになりますよね。一方橋本選手は自分の実力を出し切っていたと思います。今後の課題はメンタル面をもっと鍛えることでしょうね。そうすればイギリスで一回戦、二回戦と抜けていけるようなプレイが出来るようになるでしょう。日本の選手は実力はあるので、海外の空気のようなものに耐えてその実力を出せるように、精神面を鍛錬して欲しいです。自分が追い込まれたときのことを、シュミレーションしながら練習するといいですね。

 

橋本 守容 Morihiro Hashimoto 優勝インタビュー

Q:PDJ優勝おめでとうございます。
A:ありがとうございます。


Q:今日の試合を振り返って、いかがでしたか?
A:今日は自分でも調子が良いと感じていたので、いけるんじゃないかと思って投げてました。


Q:去年のこの大会では橋本選手は残念ながら準優勝だったわけですが、コーラーのラスさんも「橋本選手は来年だな」とおっしゃっていました。それが今年は実現しましたね。最初のドローで一回戦にハルキ選手と当たったときはどんな気持ちでしたか?
A:ドローをして前半に引いた四人が片方に固まった時点で、ハルキ選手と当たるという展開もあるのかなとは思ってました。案の定引いてしまいましたね。そのことに関しては、やっぱり多少は意識しました。


Q:ハルキ選手との第一試合は、お互いにかなり意識しているように見えましたが、どうですか?
A:確かに1ゲーム目はどっちも意識していたんではないでしょうか。でもその後は良いダーツを打てたので、良かったなと思います。


Q:普段ソフトを投げていると思いますが、このPDJに向けて、特別な調整はしてきましたか?
A:今年はソフトメインで出てはいますが、僕は普段からハードも練習しているので、ハードを全く投げていないわけではないです。そういう意味では、調整というか準備は出来ていました。


Q:ジョニー選手との準決勝の印象は?
A:やっぱりジョニー選手は本番に強い印象を受けましたね。今日の自分の調子を考えると、もう少し楽に勝てるような気はしていたんですが、やはりジョニー選手はワンチャンスを決めて来るプレイヤーなので、そういう面ではちょっとあせる場面もありました。


Q:いよいよ次はイギリス、ワールドチャンピオンシップですね。
A:そうですね。まあ実際にその場に立ったことが無いので、立ってみないとわからないという部分はあります。でも、気持ち的には期待と興奮のほうが強いですね。アノ舞台に立てる、そしてそこでダーツを投げられるというのは、想像しただけでワクワクします。


Q:勝算は?
A:勿論ありますよ。去年のハルキ選手の一勝を上回るというのは最低限考えてることですね。まあ、出るからには一番上を目指します!今日出場していた選手達に、顔向けできないような試合だけはしたくないですから、全力で年末に向けて練習して、一つでも多く勝って来たいです。

 

■ 最後に

渡辺 紘士 

 こういう大会をもっと増やして欲しいですね。年に1回といわず何度もやることで、ハードのプレイヤーの層も厚くなっていきますから。今日の試合を見ていて、日本の選手も、良いダーツを投げられるようになっているなと思いました。苦言を呈するならば、もっと闘志というか、世界で勝つんだという強い気持ちを見せて欲しいなという感想は持ちました。でも、この大会は今まで日本にはないようなステージングや構成で、良い感じに楽しませてもらいました。PDJのような大会がもっともっと沢山増えて欲しいです!一日も早く、世界で日本人が活躍する姿を心待ちにしています。

 

樋口 陽子 

 私はダーツから離れて久しいのですが、今日は本当に10年以上振りにこんなに大きな大会を見せて頂き、凄く楽しかったです。自分の中の勝手なイメージでは、ベスト8に残るような選手は10ダーツを連発するようなダーツをするものなのかなと思っていたんですが、さすがにそんなことは無かったですね(笑)。でも、今日色々なゲームを見て、私がプレイしていた頃と変わらず、試合はやっぱり試合なんだなという感想を持ちました。ダブルを引きずったり、26や11を出したりと、今でもダーツの試合は変わらないんだなと感慨深かったです。でも、今のプレイヤー達にはまだまだ伸びる余地が沢山あると思いますよ。こういう大会をもっと沢山経験し、一人でも海外の大会に挑戦するような自立心を持って頑張れば、日本の中でずば抜けて凄いプレイヤーになれます。そういうプレイヤーが現れて、皆を引っ張って日本のダーツをもっと良くしてくれたら嬉しいなと感じました。みんな、がんばれ!

 

ダーツのことならダーツハイブ!!

ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ ダーツハイブ
ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ ダーツ屋どっとこむ
dartshive target fareast hard dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive dartshive MONSTER BARRELS DESIGN
▲PAGETOP